淀殿の名前の由来とは?本名は「茶々」で、ねね(北政所)とは不仲だったのか?

淀殿は豊臣秀吉の側室であり、豊臣秀頼の母親となった女性です。豊臣家滅亡の原因は淀殿が政治に口を出したからだという説があり、「悪女」とも言われています。今回は淀殿の人生を年表付きで解説し、人柄や人物像、名言やエピソードについても紹介したいと思います。

淀殿の基本情報

淀殿の人生

できごと

二度の落城で両親を失う

淀殿のは近江の戦国大名:浅井長政と、お市の方(織田信長の妹)の娘として生まれています。いわゆる浅井三姉妹の長女とも言われています。1573年に、浅井家が母方の実家である織田家に攻められた際、父:浅井長政は自害しており、淀殿も母と2人の妹と共に、織田家に引き取られています。その際、伯父にあたる織田信包の元で保護されています。

1582年に本能寺の変で織田信長が亡くなると、母:お市の方は、織田家重臣:柴田勝家と再婚すると、母や妹たちと共に、越前北ノ庄城に移住しています。1583年に柴田勝家が羽柴(豊臣)秀吉と対立し、賤ヶ岳の戦いに敗れると、お市の方は、柴田勝家と共に北ノ庄城で自害しますが、淀殿と妹たちは豊臣秀吉の管理下で生活することになります。

この時は、従兄弟の織田信雄や、伯父の織田長益(有楽斎)の庇護のもとに生活していたとも言われていますが、三姉妹の動向についてははっきりしていません。

豊臣秀吉の側室になる

1588年、淀殿は豊臣秀吉の側室になり、翌1589年には鶴松を出産。長年、跡継ぎに恵まれなかった豊臣秀吉は、淀殿の懐妊を喜び、淀城(山城)を与え、以後は「淀殿」・「淀の方」と呼ばれるようになりました。※「茶々」が淀殿の本名と言われています。

1591年、鶴松は亡くなりますが、1593年には拾(後の豊臣秀頼)を出産し、跡継ぎの母親として、盤石な立場を築いていきました。1598年に豊臣秀吉が亡くなると、淀殿は豊臣家の実権を握り、政治への介入を強めていきました。

大坂の陣で自害

1600年、関ヶ原の戦いの際には、西軍の石田三成は、豊臣秀頼の介入や出陣をもとめていますが、豊臣家はあくまで静観する立場をとっています。また淀殿は東軍の徳川家康を饗応し、徳川家康を豊臣秀頼の父親代わりだと公言もしています。結局、関ヶ原の戦いは東軍が勝利し、豊臣家の直轄領も恩賞として諸将に分配されたため、豊臣家は領地を減らすことになりました。

1603年に徳川家康が征夷大将軍となり、江戸幕府が成立すると、豊臣家は徳川家康と対立するようになり、一大名として扱われることになりました。幕府側は暗に豊臣家に臣従をもとめるなどの要求していますが、淀殿はこれを拒否。

1614年、大坂冬の陣が起こりますが、淀殿も武具を付け、家臣に声をかけるなど激動していましたが、大坂城本丸に幕府方の砲撃を受け、講和を指示。翌1615年に、大坂夏の陣が勃発し、大坂城は落城し、淀殿は豊臣秀頼と共に自害しています。

淀殿の人柄・人物像

淀殿の人柄や人物像について紹介したいと思います。

ヒステリックだったのか?

淀殿と言えば、勝ち気でプライドが高く、ヒステリックなイメージがあります。例えば、徳川家康が豊臣秀頼に上洛をもとめた際は、「秀頼を殺して私も死ぬ」と言い、この要求を断固拒否。また、徳川家が豊臣家に臣従をもとめる要求を度々出していますが、これも断固として拒否しています。その中に淀殿が人質で江戸に行くというものもありましたが、当然受け入れるはすがないですよね。

しかし、近年では江戸に人質として赴くことを同意していたという史料が見つかったり、牢人たちを養うために禄の加増を徳川方にもとめていたとも言われており、実は思慮深い人物であったのではないかとも言われています。

また、父:浅井長政、母:お市の方を弔うために、「養源院」という寺院を建立したり、織田信長の側室であったお鍋の方の晩年をあわれんで、生活を援助していたというエピソードも残っています。他にも淀殿の命日に侍女たちが墓前に集まって、供養していたという従来のイメージを覆す逸話も残っています。

悪女だったのか?

淀殿と言えば、豊臣家滅亡のイメージをつくった悪女とも言われています。これは豊臣秀吉の側室になり、跡継ぎである豊臣秀頼を産んだことで、北政所(ねね、豊臣秀吉の正室)と対立し、次第に傲慢になったいったというイメージがあります。関ヶ原の戦いも2人の対立が発端になったとも言われており、北政所は徳川家康に味方し、淀殿が石田三成に加担していたという説もあります。

豊臣秀吉の家臣には、尾張派と近江派などの重臣の派閥があり、加藤清正や福島正則の尾張派は北政所を母親代わりとしており、石田三成などの近江派は、近江出身の淀殿と近かったとも言われています。また、豊臣秀頼も淀殿と大野治長(※諸説あり)が不倫して出来た子供という説もあり、その辺りがマイナスのイメージを呼んでいる可能性が高いです。

まあ、ドラマでやたら口を出し、大坂の陣で豊臣秀頼の出陣を止めようとするシーンがあるので、真田幸村などの浪人衆のファンからすれば、「頼むから黙っててくれ」と言いたくなるのも分かる気がします。

淀殿の名言・エピソード

淀殿の名言やエピソードについても紹介したいと思います

淀殿の父は織田信長という説

実は淀殿の実父は織田信長だったという説があります。実はお市の方が浅井長政と結婚した時、お市の方は19歳前後だったと言われており、当時としては遅い婚期です。そのため、お市が浅井長政と結婚した時には、淀殿はお市の方の連れ子で、その父親が織田信長だったと言うのです。

しかし、この話には信ぴょう性が薄く、織田信長とお市の方との歳の差は13歳ですが、織田信長は母親の愛情に恵まれなかったことから、年上の女性が好みだったとも言われています。側室の吉乃(織田信忠などの生母)も元は人妻で、織田信長よりも年上だったとされています。その織田信長が13歳下の妹:お市の方とそういう関係になるとは考えにくいものです。

これは浅井三姉妹で、次女が初(はつ)という名前だったことに疑問を持った人から出た説かもしれません。「次女なのに初はおかしい」という具合です。お市は「子ずれ再婚」で、前夫(もちろん織田信長ではない)がいたという見方もできますが、浅井長政の前に夫がいたという記述はありませんので、前夫がいたというのも考えにくいかもしれません。

淀君は遊女の呼び名

淀殿は「淀君」とも呼ばれていますが。淀君の「君」は、遊女の「君」から来ています。豊臣秀吉は跡継ぎに恵まれず、淀殿が鶴松を懐妊した時、豊臣秀吉は50歳を過ぎていました。

今まで子供が出来なかった豊臣秀吉に急に子供ができたということから、淀殿の不義(不倫)が疑われ、そこから遊女に由来する「淀君」という呼び名が定着したとも言われています。「淀君」という呼び名は明治時代に定着したものと言われており、当時の史料には「淀君」とは書かれていません。「淀君」というのは実は不名誉な呼び方なのです。

フィクションにおける淀殿

フィクションにおける淀殿についても紹介したいと思います。

信長の野望における淀殿

能力値ですが、統率:85、武勇:82、知略:71、政治:86となっています。おそらく姫武将として登場だとは思いますが、これは過大評価されすぎな感じもします。

ドラマにおける淀殿

淀殿が登場するドラマには数多くあり、演じている女優も様々です。呼称で「淀君」が使われている作品はなく、「淀殿」か「茶々」のどちらかで統一されているようです。

淀殿は落城に運命を翻弄された女性

女性が政治に口出しするとロクなことにならないというイメージがあります。淀殿が政治に口出しをしたから豊臣家が滅亡したということから、「悪女」という評価がありますが、豊臣家は少なからず滅ぼされる運命にあったようにも思えます。徳川家康も自分が生きているうちに、豊臣家を片付けたかったという思惑があったようです。

2度の落城(小谷城、北ノ庄城)で両親を失い、3度目(大坂城)の落城で命を落とすことになった淀殿ですが、遺体が確認させていないたま、どこかで生存していたという説もあります。以上、ここまでお付き合いありがとうございました。