築山殿は今川家の一族で、徳川家康との仲は?実は美人だったの?

築山殿は徳川家康の正室ですが、あまり良い描き方をされていません。どちらかと言えば、「悪女」、「嫁をいびる姑」みたいな描き方をされている気がします。これには色々と複雑な事情があります。

今回は築山殿の生涯を年表付きにして、分かりやすくまとめてました。従来言われている性格が本当なのか、ドラマでの描きかたについても触れてみました。

築山殿の基本情報

築山殿の人生(年表付き)

できごと

誕生から徳川家康との結婚まで

築山殿の父親は関口親永、母親が今川義元の姪(伯母とも)言われています。関口家は今川家の一門衆という説がありますが、否定する説もあります。とにかく、関口家が今川家の中でも有力なポジションを確立していたのは確かのようです。

ドラマなどで瀬名姫と呼ばれていることもありますが、築山御前、駿河御前とも言われていました。築山殿の幼少期については詳しいことは分かっていません。築山殿が徳川家康(当時は松平元信)と結婚したのは1557年で、1559年に松平信康を、1560年に亀姫を産んでいます。

当時、人質として今川家に身を寄せ居ていた徳川家康に一族の娘である築山殿と結婚させたくらいなので、今川義元の徳川家康への期待が高かったのかもしれません。

夫婦関係が破綻

1560年、桶狭間の戦いで今川義元が戦死すると、徳川家康(当時は松平元康)は、本拠地:岡崎に帰国し、1562年に織田信長と同盟を結び、今川家の支配から独立しています。この影響で築山殿の父:関口親永は、今川氏真の不興を買い、正室(築山殿の母)と共に自害しています。

その後、徳川家と今川家の間で人質交換が行われ、築山殿は今川館を離れ、子供たちと共に徳川家康の居城であつ岡崎城に移っています。しかし、築山殿の住まいは岡崎城内に居住せず、徳川家康とは別居していたと言われています。

当時の記録にも正室を表す「御前さま」ではなく、「信康御母さま」と記載されていることから、徳川家康との夫婦関係は破綻していたとも考えられます。すでに離縁されていたという説もあります。1567年に、息子:徳川信康と織田信長の娘:徳姫が9歳同士で結婚しています。

1570年に徳川家康が浜松に本拠地を移すと、岡崎城は長男:松平信康が城主になりましたが、ほぼ同時期に築山殿が岡崎城に入ることを許されたと言われています。

武田家への内通を疑われ、殺害される

姑の築山殿と、嫁の徳姫の関係は悪く、対立していたとも言われています。築山殿からしたら、徳姫は伯父(今川義元)の仇である織田信長の娘なので、うまくいく気がしません。徳姫は1576年に登久姫を、1577年に熊姫を産んでいますが、男子を産まないことに築山殿がいら立っていたという説もあります。

その為、築山殿は松平信康に側室(武田家ゆかりの娘)を持たせており、これが嫁姑の対立をさらに激しくしていきます。松平信康も母:築山殿の肩をも持つものだから徳姫からすると面白くありません。やがてこれが大事件に発展していきます。

1579年に徳姫は、築山殿の唐人医師との密通疑惑、築山殿・松平信康母子の武田家内通疑惑など、12ヶ条を父:織田信長に訴えています。織田信長は徳川家康に築山殿、松平信康の処分を命令。それを受けた徳川家康は、家臣に築山殿を殺害させ、松平信康には切腹を命じました。

息子への処分を知った築山殿が、助命嘆願のため、浜松城の徳川家康の元に向かっており、その途中で家臣によって殺害されています。これは築山殿が自害を拒否したため、殺害せざるを得なくなったからだとも言われています。後に築山殿、松平信康の首は織田信長の元に届けられています。

築山殿の首が岡崎に返されると、1580年に首級を埋めた地に、築山神明宮が建立されています。

築山殿の人柄・人物像

築山殿の人柄や人物像について、紹介していきたいと思います。

徳川家康を恨んでいた?

築山殿は、徳川家康と結婚した時から、「今川の一族の自分が家臣に嫁いだ」というプライドと、夫:徳川家康よりも年上だったとも言われていることから、上から目線の言動や振る舞いがあったとも言われています。

今川義元が桶狭間の戦いで戦死すると、徳川家康は今川家を捨て、仇である織田信長と同盟していることや両親が自害に追い込まれていることから、築山殿が徳川家康を怨んでいたという見方もあります。

織田家と同盟する際、自分の正室が今川家の一族であるのは、徳川家康にとっては体裁が悪いので、離縁しても仕方がないのですが、別居で済ませたのは、徳川家康が築山殿への情けをかけたのかもしれません。ただ、これらもことも記載がないので、実際のところは分かっていません。

本当に悪女だったのか?

築山殿は、嫁の徳姫と不仲だったことから、今風に言うと、「嫁をいびる姑」のイメージがあり、悪女という悪い印象がありますが、本当のところはどうだったのでしょうか?徳川家康が本拠地を浜松城に移した際、築山殿は同行せず岡崎城に残っています。この時点で徳川家康の正室であるというのは、破綻しているように思えます。

今川家の一族の築山殿と、織田信長の娘:徳姫、2人の間には嫁姑問題以上のものがあったことは、推測できます。2人の仲が完全に破綻したのは、築山殿が松平信康に側室を持たせたことがきっかけになったとも言われていますが、それまでは割とうまくやっていたということでしょうか。

1579年に築山殿・松平信康の処分を求められた際、徳川家康は重臣:酒井忠次を使者として織田信長の元に派遣しています。しかし、織田信長に事の次第(武田家への内通の件)を問われた酒井忠次は、事実と認めた(何も言わなかったとも)為、2人を処分せざるを得なかったとも言われています。

通説では、築山殿は嫉妬深く傲慢な女性というイメージがありますが、これは後の創作の可能性もあるので、言われているほどの悪女ではなかったのかもしれません。

築山殿の名言・エピソード

築山殿の名言やエピソードについて紹介したいと思います。

超絶美人だった?

築山殿の肖像画や木造もないことから、容姿については分かっていませんが、「肌の白い超絶美人」だったと伝わっています。大正から昭和時代に活躍した画家:鈴木白華は、「築山御前像」を描かれています。これに描かれていた築山殿が美人だったことから、美人説が出てきたと思われます。

ちなみに、鈴木白華の絵は古い絵の模写ではなく、創作なので築山殿の容姿については分かっていません。

家臣には嫌われていた?

徳川家の家臣は、徳川家康が今川家の人質だったころから、最前線で戦わされ、屈辱的な扱いを受けていました。そのため、今川家の娘だった築山殿に対する家臣たちの目も冷たかったのでしょう。築山殿の性格の問題ではなく、「今川家の女」であることが家臣にとっては不愉快なものだったのかもしれません。

築山殿が駿府から脱出し、岡崎城に入れなかったのは家臣たちの大反対があったからで、しかたなく、岡崎城の北の「築山」の地で暮らすようになりました。これが築山殿の名前の由来と言われています。

フィクションにおける築山殿

フィクションで描かれている築山殿について、紹介します。

ドラマでの築山殿

築山殿は、徳川家康を題材にした大河ドラマや時代劇で登場していることがあります。性格は、プライドが高くて、ワガママなイメージで描かれていることが多いです。高貴な家のお姫様という描き方をしているドラマもあります。

築山殿が悪女なのは、創作の可能性あり?

徳川家康が天下人になり、それを正当化するために、正室の築山殿、長男の松平信康を殺害、自害に追い込んだことは、徳川家の歴史を作る上で都合が悪いです。その為に、築山殿を悪女に仕立てて、殺害することは仕方がなかったという事実を作ったという見方もできます。

また、織田信長の命令で仕方がなかったというストーリーを作り、徳川家康に非はないことを強調するという見方もあるかもしれません。いずれにしても、築山殿は言われいるほど悪女ではないのかもしれません。