武田信玄は上杉謙信と並び称される甲斐の虎!甲陽軍鑑に残る名言とは?

武田信玄は甲斐の虎の渾名を持ち、父・武田信虎の時代よりさらに勢力を拡大させ、甲斐にとどまらず信濃や西上野・駿河国などまでを幅広く領土としました。数々の戦いや遠征を行いましたが、特に上杉謙信との川中島の戦いが有名です。

この記事では武田信玄の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。武田信玄がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける武田信玄など、様々な視点から解説してきます。

武田信玄の基本情報

武田信玄(たけだしんげん)は、甲斐国出身で戦国時代を生きた武将です。

 

父・武田信虎を追放して武田家19代当主となり、数々の戦さに勝利して甲斐国・武田家の繁栄を築き上げました。

武田信玄の人生

できごと

家督相続まで

1521年、父・武田信虎が今川家臣である福島正成による攻撃を受けている最中、母・大井夫人は避難先の要害山城で太郎(後の武田信玄)を産みます。1523年には兄の竹松が夭折した為、嫡男となりますが、1525年に次郎(後の武田信繁)が生まれると、この頃から既に武田信虎の寵愛は弟へと移ったと言われています。

1536年に元服し、将軍・足利義晴より「晴」の偏諱を賜ると、武田晴信と名乗るようになります。この年に武田信虎は信濃国佐久郡海ノ口城主の平賀源心を攻め、武田晴信もこれに従軍して初陣を飾りました。

信濃侵攻を進める武田信虎は続いて信濃国小県郡へと侵攻し、1541年に海野平の戦いが勃発します。武田晴信はこの戦いにも参戦して、武田軍は敵将・海野棟綱や真田幸綱を敗走させますが、その凱旋の帰途、武田晴信は突如甲斐国と駿河国の国境を封鎖し、武田信虎を追放します。

武田家重臣のほとんどが武田晴信に味方しており、なすすべない武田信虎は甲斐国に入れず、そのまま武田家の家督が武田晴信へと受け継がれました。

信濃国侵攻

父から家督を奪い取った武田晴信は、その外交路線を大幅に変更し、これまで同盟を結んでいた諸国にも侵攻するようになります。

1542年、同盟を結んでおり妹の夫でもある諏訪頼重が治める信濃国諏訪領に侵攻して自害に追い込みます。勢いをつけた武田晴信は、1543年に大井貞隆、1545年に高遠頼継・藤沢頼親、1547年に笠原清繁と信濃国の諸将を次々と討ち破りました。

信濃国の残された強敵は、北信濃を治める猛将・村上義清でした。1548年に上田原の戦いで村上軍と戦いますが敗北し、重臣・板垣信方や甘利虎泰を失う大打撃を受け、これまでの連勝が止まってしまいます。さらに、これをチャンスと見た小笠原長時に攻め入られ、塩尻峠の戦いが勃発します。

重臣達を失って混乱の最中にある武田軍でしたが、調略や朝懸けの奇襲などを用いてこれに大勝します。小笠原長時の領地であった信濃国中南部を手に入れた武田晴信は、再び村上義清との対戦に挑みます。

武田晴信は村上義清の出城・砥石城を攻めますが、この城はその名の通り砥石のような崖しかない堅城であり、また村上軍の士気も非常に高く、果敢な反撃を仕掛けてきました。

武田軍は城の崖を登って攻撃をしかけますが、そこに石や煮え湯を浴びせて撃退、更に村上義清がこれまで彼が敵対していた高梨氏と結んで武田軍を挟み撃ちにしました。この猛攻を受け、武田軍は後に「砥石崩れ」と称される大敗を喫しました。

しかし、海野平の戦いの後武田家臣に降っていた真田幸綱が1551年に村上軍への調略を行うと、ついに砥石城が落城します。村上義清は越後国・上杉謙信を頼って敗走し、ここに信濃国平定が成し遂げられたのでした。

川中島の戦いと甲相駿三国同盟の締結

父・武田信虎の代では上杉謙信属する山内上杉家とも同盟を結んでいた武田家でしたが、村上義清の敗走によって上杉謙信が信濃へ出兵してくると、その関係は破綻し、以降対立を深めるようになります。

1553年、第一次川中島の戦いが勃発し、序盤は上杉軍の猛攻を受け荒砥城などを落とされます。後半戦は武田軍が押し返しますが、武田晴信が決戦を避けて塩田城に籠ると、上杉謙信が兵を撤退させたため、この戦いは決着が付かないまま終了しました。

諏訪氏・山内上杉氏とかつての同盟を破綻させた武田晴信でしたが、この頃より北条氏・今川氏との関係改善に取り組みます。1552年より今川家軍師・大原雪斎の仲介の元それぞれの娘をお互いの嫡子へと嫁がせて行き、1554年に甲相駿三国同盟が締結されます。

特に北条氏と同盟を結んだことは、共通の敵となった上杉氏に対抗する上で、大きな意義を持つものとなりました。1555年にはこの同盟締結により後顧の憂いを絶った武田晴信が、上杉謙信家臣の北条高広に謀反を起こさせ、第二次川中島の戦いが発生しています。

1558年、将軍・足利義輝より甲越和睦の案内書が下され、武田晴信はこれを飲む条件として信濃守護職を要求し、信濃守護に補任されます。ここに一旦の安定を見た武田晴信は、翌1559年に出家し、「徳栄軒信玄」と号しました。

1560年、武田一族の「かつぬま五郎殿」(武田信虎の弟・勝沼信友の息子かと考えられている)が上杉謙信の調略を受けて謀反を起こすと、武田信玄はこれを鎮圧しますが、その報復として第四次川中島の戦いを勃発させます。

この戦いは川中島の戦いの中でも最も激戦であり、武田軍は、軍師・山本勘助の考案した挟み討ち作戦「啄木鳥戦法」を仕掛けるなど奮闘します。一方の上杉軍は柿崎景家を先鋒に「波城攻撃」を仕掛けるなど、一進一退の攻防戦が続きました。

この戦いで弟の武田信繁、そして軍師山本勘助が討死するなどの大打撃を受けますが、上杉軍の戦死者も3千を超え、「前半は上杉の勝ち、後半は武田の勝ち」と評されています。

西上野作戦と駿河侵攻

1547年頃より、武田信玄は西上野への侵攻も開始していましたが、「上州の黄斑」と称された勇将・長野業正の奮闘にはばまれ、中々成果をあげることが出来ませんでした。

しかし、1561年に長野業正が死去すると、1562年より攻撃を激化させ、1566年についに長野氏居城・箕輪城を落とし、上野国西部を領土に組み込みました。

一方、駿河国との関係においては、1560年の桶狭間の戦いで今川義元が討死してその跡を今川氏真が継いで以降、武田信玄との関係は破綻し始めていました。

1568年、武田信玄は徳川家康と結び駿河国侵攻を開始し、薩埵峠の戦いが勃発します。武田信玄は今川氏真に人望が無かったことを利用して事前に調略を行なっており、その結果今川軍は戦いが始まると戦うことなくして退却してしまいました。

武田家が今川家に攻撃を仕掛けたことで、北条氏との同盟関係も破綻し、甲相駿三国同盟は解消となりました。

その後、今川家の愛宕山城などを陥落させながら、北条氏の援軍とも戦いますが、兵糧の不足や徳川家康の戦線離脱があり甲斐国へと撤退しました。今川氏真は北条氏を頼って伊豆へと落ち延び、ここに今川家が滅亡したのでした。

駿河侵攻の最中、織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、武田信玄は織田信長と足利義昭を通じて上杉氏と和睦することを試みます。1569年に和睦が成立し(甲越和与)、背後の脅威がなくなった武田信玄は再び駿河侵攻を開始し、これを妨害する北条氏康・北条氏政父子と戦います。

同年10月からの小田原攻めでは滝山城を包囲するなど戦功を挙げますが、北条氏政の籠城作戦により戦いが膠着化したため、結局撤退に終わりました。

その撤退の最中、北条軍の追撃があり三増峠の戦いが勃発しますが、この戦いには勝利して、北条氏を抑えることに成功します。その勢いで駿河国に侵攻した武田信玄は、横山城・蒲原城・花沢城・田中城と陥落させ、駿河国を支配下に入れました。

西上作戦と死去

織田信長の助けにより将軍就任を果たした足利義昭でしたが、間もなく両者の関係は悪化し、足利義昭は各地の大名に織田信長討伐の命令を発します。

これを受けた武田信玄は、1572年に甲斐国を出発し、織田信長と交戦中であった浅井長政・朝倉義景、本願寺一向一揆衆と結びついて織田信長包囲網を形成していきます。前年の1571年には北条氏政との同盟を回復させており、残す標的は勢力を拡大させる織田信長のみという状態になりました。

京都・織田家の本拠地尾張国に向かう途中、織田家と同盟を結んでいた徳川家康の領地・遠江に入り、ここで一言坂の戦い・二俣城の戦いと連戦します。

続いて1573年、三方ヶ原の戦いにおいて徳川・織田連合軍と戦いますが、武田信玄は「魚鱗の陣」と呼ばれる陣形を敷き、最強と呼ばれた騎馬隊攻撃で大勝しました。(徳川家康は命辛々に敗走し、この戦いは徳川家康三代危機の一つとされます)

その後の野田城の戦いでも勝利しますが、この直後から武田信玄は度々喀血を起こすようになります。野田城の戦いの最中、武田信玄が美しい笛の音に釣られて本陣を出てしまい、そこを敵将・鳥居三左衛門に狙撃されたのが原因という説もあります。

この為に進軍が中断され、甲斐国へと帰還することになりますが、その途中の三河街道上で死去しました。53歳でした。

武田信玄の死により織田信長包囲網は破綻し、織田信長の天下統一への道が拓けていくのでした。

武田信玄の人柄・人物像

武田信玄の人柄や人物像について説明します。

優れた内政手腕

躑躅ヶ崎館を築き甲府を城下町として整備したのは父・武田信虎でしたが、武田晴信はそれを基盤として更なる繁栄をもたらしています。

甲斐国は釜無川・笛吹川の二大河川の氾濫に度々悩まされ、耕地が少なく年貢収入率も高くありませんでした。武田信玄はこの改善のために大規模な治水事業を行い、氾濫原の新田開発にも積極的に取り組みました。山梨県甲斐市の信玄堤がその代表例として挙げられます。

また、甲斐国は金鉱脈に恵まれた土地であり、武田信玄はこれを利用して甲州金を鋳造し、貨幣単位を整えました。この甲州金によって家臣達に与える褒賞にも困ることなく、領民の生活も潤うようになりました。

政治体制においては家臣団による合議制を取り入れ、父の時代は武田信虎の専横であったとも言える武田家の政治制度を一変させました。合議制によって家臣達の不満や遺恨は少なくなり、全57か条に及ぶ「甲州法度」も制定し、家臣団の統率を図りました。

こうして、武田信玄は武田二十四将はじめ有能な家臣団を得て、最強と恐れられた武田の騎馬隊・強大な軍事力の形成に成功するのでした。

上杉謙信からの評価

何度も争いを繰り返した武田信玄と上杉謙信の間には友情めいたものがあったとされ、互いにその才能を評価しあっていました。

「敵に塩を送る」エピソードは有名であり、これは武田信玄が今川氏真と対立し塩止めをくらって困惑していたときに、これを卑怯であると考えた上杉謙信が、越後塩を甲斐国に送ったことに由来しています。

その際、上杉謙信は「あなたとは戦によって勝敗をつけたい。こんなことで倒れないでほしい」と書き添えたと言います。

また、武田信玄は、5分の勝ちを上、7分を中、10分を下と合戦を評価していました。それは、5分の勝ちでは今後に励みが生まれるが、7分では怠心が生まれ、10分では奢りが生まれるからだとしています。

まさに川中島の戦いの結果も、この言葉を表すものでした。これを受けた上杉謙信は、「いつも自分が信玄に及ばぬところは、こうした部分なのだ」と言ったといわれています。(『名将言行録』)

ルイス・フロイスからの評価

織田信長に仕えた宣教師・ルイスフロイスは、その思想的な違いから武田信玄を嫌っていました。そのルイス・フロイスでさえも、著書『日本史』の中で「彼は武力により畏怖され、部下より大に尊敬を受く」とその才能を評価しています。

また、「彼(=織田信長)がもっとも煩わされ、常に恐れていた敵の一人」とも記しており、織田信長も武田信玄を大いに恐れその武力を評価していたことがわかります。

武田信玄の名言・エピソード

武田信玄の名言やエピソードについてに解説します。

人材の見抜き方と家臣の教育

江戸時代に成立した軍学書『甲陽軍鑑』には、その信憑性に疑問は呈されてるものの、武田信玄の事績や兵法が詳細に記録されています。

武田信玄は人材の登用において身分を問わず、功労を立てたものにはその手柄に応じた分だけ恩賞を与えました。武田四天王の一人・馬場信春も元は身分が低く、武田信玄に才能を見出されて活躍した武将の一人です。

人材の登用や育成に関して、『甲陽軍鑑』には以下のような名言が残っています。

「人のつかいやうは、人をばつかはず、わざをつかふぞ。(=人ではなく、人の能力を使う)又た政道いたすも、わざをいたすぞ。(=政治を行うにあたっても、人の能力を生かす)あしきわざの、なきごとくに、人をつかへばこそ、心ちはよけれ。(=能力を生かすように人を使ってこそ、満足出来るのである)」

「人の見様は、無心懸の者は無案内なり。(=人の見方は、信念を持たない者は向上心がない)

無案内の者はぶせんさくなり。(=向上心がない者は研究心がない)ぶさんさくなる者は必ず慮外なり。(=研究心がない者は必ず失言する)

慮外なる者は必ず過言を申。(=失言する者は必ず過言する。)過言申者は必ず奢りやすく、めりやすし。(=過言する者は必ず驕り高ぶり、沈みやすい。)

奢りやすく、めりやすき者は首尾不合なり。(=驕り高ぶる者は行動が一貫しない)首尾不合なる者は恥を知らず。(=行動が一致しない者は恥を知らない)恥を知らざる者は何につけても、皆仕るわざ、あしき者なり。(=恥を知らない者は、何をさせるにしても役に立たない)」

「人は城、人は石垣、人は堀、情は味方、あだは敵なり」という言葉も残されており、武田信玄がいかに臣下達を重要視していたかが伺えます。

義信事件

武田信玄の後継と言えば武田勝頼ですが、彼は四男である上に側室・諏訪御料人との間の子供であり、将来はかつて武田信玄が滅ぼした諏訪家の家督をつぐことになっていました。

武田信玄には、正室・三条の方との間にもうけた長男・武田義信がいました。武田義信は信濃国侵攻や川中島の戦いでも武功を挙げており、勇猛な武将でしたが、武田信玄は武田勝頼の才能を認める一方で、武田義信とは次第に不和に陥っていました。

川中島の戦いにおいても意見の対立があり、武田勝頼の妻として織田信長の養女が嫁ぐことになった際にもこれに大反対したと言われています。

そんな武田義信の妻は、今川氏真の妹でありました。武田信玄と今川氏真の関係が悪化して駿河国侵攻が画策され始めると、舅を今川氏真にもつ武田義信はこれに反対します。

父子の対立は最悪の事態に陥り、1565年には武田義信を教唆したとして、飯富虎昌が成敗されます。そして武田義信も東光寺に幽閉され、ここで自害しました。

父・武田信虎を追放した過去のある武田信玄は、血統正しい嫡男によって謀反を受ける恐ろしさをよく知っており、武田義信の造反を看過することが出来なかったのかもしれません。

フィクションにおける武田信玄

フィクションにおける武田信玄を解説します。

ドラマにおける武田信玄

武田信玄の人生を描いたドラマは多く、1988年の大河ドラマ『武田信玄』では主役となり、俳優の中井貴一さんが演じています。目的のためなら手段を選ばないが、情に厚く、家臣・領民への気配りを怠らない人物として描かれました。

2007年の大河ドラマ『風林火山』では主役の山本勘助の主君として準主役の立ち位置で登場し、歌舞伎役者の市川亀治郎さんが演じました。武田信虎を恨む山本勘助の心を動かし家臣団に組み入れる徳の高い人物として、また負け戦を恐る人間的弱さも持った人物として描かれました。

信長の野望における武田信玄

シリーズによっても異なりますが、武田信玄のステータスは統率110、武力88、知略96、政治94といずれの項目でも高数値となっています。宿敵・上杉謙信が知略・政治ではやや低い数値となっている一方、武田信玄はこの項目でも高数値を誇っており、その優れた外交・内政手腕が反映されています。

武田信玄は外政・内政共に優れた手腕を発揮し強大な軍事力を発揮した武将だった

武田信玄・武田家と言えば、「風林火山」の旗印が示す通りの強大な軍事力が有名ですが、それをもたらしたのは武田信玄の優れた外交手腕・内政手腕でありました。

北条氏・今川氏と戦国史上最強とも評される甲相駿三国同盟を締結し、また時には宿敵・上杉謙信や、徳川家康・織田信長とも結んだその巧みな外交手腕は、数々の戦いにおける勝利にも寄与したと言えます。

晩年は、その外交手腕と軍事力によって織田信長包囲網を形成しますが、道半ばで倒れます。もし、もう少し長く武田信玄が生きていたら、歴史はどのように変わったのかと想像せずにはいられません。

内政においても優れた手腕を発揮し、積極的な人材登用を行うなど士気の高い家臣団を統制して彼らに慕われただけでなく、金山経営や治水事業により領国を潤して領民達からも多大な尊敬を受けました。

『甲陽軍鑑』に残された武田信玄の言葉は現代においても心をうつものが多く、野心溢れながらも思いやりや深慮が感じられるその人徳は、今でも多くの人々の尊敬を集めています。