陶晴賢が大内義隆に謀反した理由は?毛利元就に負けたのは忠告を聞かなかった為?

陶晴賢は大内家の重臣として、主に合戦などの軍事面で活躍しますが、次第に主君:大内義隆と対立していき、ついには謀反を起こし大内義隆を自害に追い込んでいます。その後は台頭してきた毛利元就に合戦で敗れ、自害しています。

今回は陶晴賢の人生を年表付きで解説し、人柄や人物像、名言やエピソードについても紹介したいと思います。

陶晴賢の基本情報

陶晴賢の人生

できごと

大内家重臣の家に生まれる

陶晴賢は、陶興房の次男として生まれました。陶氏は周防の戦国大名:大内氏の分家の一族で、重臣の家柄でした。少年時代は美少年として知られており、そのために大内義隆にも重用されていました。陶氏は元服の際には、主家にあたる大内氏当主より、一字を拝領するという習わしがあり、当初は大内義隆の偏諱を受けて、陶隆房と名乗っていました。

1539年に、父:陶興房の死去に伴い、家督を相続しています。

武断派重臣~謀反

陶晴賢はいわゆる武断派の家臣として重用されていきます。この時代の中国地方は周防の大内氏と、出雲の尼子氏が二大勢力として君臨しており、周辺の小領主たちもどちらかに属していました。当初は守護大名から続く大内氏が有利でしたが、新興勢力だった尼子氏は徐々に勢力を拡大し、大内氏に匹敵する力を持つようになっていきました。

1540年、安芸の国人領主:毛利元就が、尼子氏から大内氏に鞍替えしたのを機に、尼子家の尼子晴久は毛利攻めを決行し、毛利元就の居城:吉田郡山城に大軍で攻め寄せました。戦いは長期戦となり、大内義隆は援軍の派遣を決定し、陶晴賢を総大将として向かわせています。翌1541年に陶晴賢率いる大内軍は、尼子軍を破り勝利を収めました(吉田郡山城の戦い)。

これにより、中国地方では尼子氏から大内氏に鞍替えする領主が続出しました。1542年、今度は大内義隆が尼子攻めを決行しますが、尼子氏の居城:月山富田城を攻めるのに難航したこともあり、戦いは長期戦となりました。大内軍は兵站の確保に苦しみますが、翌1543年に再び城攻めを決行。しかし、複数の国人領主の寝返りもあり、大敗を喫しました。(第一次月山富田城の戦い)。

この戦いで大内義隆は、跡継ぎの大内晴持を失うなど、多数の死傷者を出しています。以後、大内義隆は軍事面への関心を失い、文化に傾倒していき、文治派の重臣:相良武任が台頭。陶晴賢は影響力を失い、主君:大内義隆とも不仲になっていきました。

1551年、大内義隆との対立が決定となった陶晴賢は謀反を決行。身の危険を感じた相良武任は逃亡しています。この戦いで大内義隆に味方する者は少なく、陶晴賢は9月1日、大内義隆を自害に追い込んでいます(大寧寺の変)。この時、大内義隆の嫡男:大内義尊も亡くなっていますが、殺さずに当主として擁立しようとしていたとも言われています。

厳島の戦いで敗死

1552年、大内家は新しい当主に大友晴英(豊後:大友宗麟の弟、大内義隆の甥)を迎え、この時に陶隆房から陶晴賢へと名を変えています。これは大友晴英からの偏諱を受けたものですが、1553年に大友晴英は大内義長に改名しています。

以後、陶晴賢は大内家の実権を握り軍事力強化を図っていきますが、反発する国人領主も少なくありませんでした。1554年、石見の吉見正頼の討伐(三本松城の戦い)に赴きますが、安芸の毛利元就が挙兵。1555年、陶晴賢は安芸厳島(現:宮島)の毛利方の拠点を攻撃しますが、暴風雨の中、厳島に渡ってきた毛利軍の奇襲攻撃を受け、敗北(厳島の戦い)。脱出を図りますが、途中で自害しています(享年:35歳)

陶晴賢の人柄・人物像

陶晴賢の人柄や人物像について、紹介したいと思います。

猪武者タイプだった

陶晴賢は西国無双の侍大将と言われるほどの武勇を誇っていましたが、性格は独断専行で直情型で、こうと決めたら突っ走る「猪武者」タイプだったようです。大内義隆との対立も陶晴賢の性格が原因とも言われています。また、冷酷な一面もあり、厚狭弾正という人が無実を訴えていたときには、笑みを浮かべながら火あぶりにしています。

直後の合戦で陶晴賢が落馬した際には、家臣が厚狭弾正の亡霊が陶晴賢を突き落とすのを目撃したとも言われています。

器量に乏しいが、部下想いの一面も

疑い深い一面があり、配下の江良房栄が毛利元就と内通しているとし、殺害しています。これは江良房栄の才覚を恐れた毛利元就が、内通しているという噂を流し、それを陶晴賢に殺害させるというもので、「戦わずに敵の戦力を削ぐ」という謀略だったとも言われています。

他の家臣も「これは元就の謀略」と諫言していますが、聞き入れていません。また厳島の戦いに際し、弘中隆包が「元就の狙いは厳島に大内軍を狭い厳島におびき寄せて殲滅しようとするものだ」と忠告していますが、これも聞き入れず大敗を喫しています。

一方で出雲遠征(1542年・1543年)から敗走する際、自分の食料を配下に与え、自らは干鰯を食べて飢えをしのいだというエピソードも残っています。

陶晴賢の名言・エピソード

陶晴賢の名言やエピソードについても紹介したいと思います。

父:陶興房について

陶晴賢の父:陶興房ですが、大内家随一の名将として知られ、和歌に優れた教養人でもありました。先代の大内義興のころから大内家を支え、大内義隆に代替わりした際も大内家の大黒柱として活躍していました。大内家では当主交替の際には、常に一族や家臣の争いや権力闘争などが発生してたが、陶晴賢の補佐や人徳もあり、大内義隆への代替わりはスムーズに行われたとも言われています。

また、晩年には息子:陶晴賢の性格が将来に災いするのではないかと、案じていたとも伝えられています。

息子:陶長房について

陶晴賢の死後、陶家の影響力も完全に弱体化しています。陶長房(陶晴賢の息子)は、1557年、杉重矩(大内家家臣、陶晴賢に自害に追い込まれる)の息子:杉重矩に居城を攻められ、自害しています。陶家の嫡流は断絶していますが、地元には陶晴賢・陶長房の落胤が生存したと言う伝説が残っています。

フィクションにおける陶晴賢

フィクションにおける陶晴賢について、紹介したいと思います。

信長の野望における陶晴賢

陶晴賢の能力値は、統率:86、武勇:84、知略:77、政治:73と、能力値は高めです。特に大内家は能力値が高い武将がいないため、家中ではかなりステータスの高いほうだと思います。

ドラマにおける陶晴賢

陶晴賢は、大河ドラマ「毛利元就(1997年)」に登場しています。陣内孝則さんが演じていますが、「脳筋の猪武者」のイメージで描かれています。

陶晴賢は武勇を誇るも性格に難あり

陶晴賢は、武勇に関しては父:陶興房よりも優れていたとされています。しかし、独断専行型の性格が自らの首を絞める結果となってしまいました。厳島の戦いは毛利元就の名を上げる結果となりましたが、陶晴賢の失策が目立った戦いともいえるかもしれません。