榊原康政は徳川四天王であり井伊直政とは親友!豊臣秀吉を激怒させた檄文とは

榊原康政は徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑の一人に数えられ、徳川家康三代危機と言われる「三河一向一揆・三方ヶ原の戦い・伊賀越え」の全てを共に戦うなど長きにわたって徳川家康に仕え、彼の偉業を支え続けた武将です。

この記事では榊原康政の生涯を年表付きでわかりやすく解説します。榊原康政がどのような人物であったのか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける榊原康政など、様々な視点から解説していきます。

榊原康政の基本情報

榊原康政(さかきばらやすまさ)は三河国出身で、戦国時代から江戸時代初期を生きた武将です。

徳川家康に仕えて初代上野国館林藩主となり、関ヶ原の戦いの前後では徳川秀忠の補佐役を務めました。

榊原康政の人生

できごと

徳川家康に見出される

榊原康政は、1548年、三河国にて榊原長政の次男として誕生します。榊原家は松平氏(後の徳川氏)譜代家臣の酒井忠尚に仕える陪臣の一家であり、更に榊原家の中でも分家にあたる血統であり、その価格は決して高いものではありませんでした。

榊原康政は幼い頃より松平氏の菩提寺・大樹寺で学問に励みますが、大変真面目で優秀であったため、ここで徳川家康の目にとまり、13歳の時に彼の小姓となります。

その数年後の1563年、三河一向一揆が発生します。榊原家の主君・酒井忠尚は一向一揆側に加わっており、他にも本多正信・渡辺守綱らの多くの徳川家家臣が一向一揆側につきました。しかし、これが初陣であった榊原康政は酒井家には従わずに徳川家康の元に参陣し、武功を挙げます。

この年に徳川家康は今川家からの独立を果たし、三河国支配を確立しようとした黎明期にあり、それを拒もうとした一向一揆衆が徳川家家臣達を調略して引き起こした戦いでありました。

この危機的な戦いで活躍した榊原康政はその功績が認められ、徳川家康より「康」の字を与えられます。1566年に元服すると、その年に本多忠勝と共に旗本先手役(護衛と先陣の両方を担う重役)に抜擢され、与力50騎を与えられる出世を果たしました。

徳川家康と共に連戦する

こうして徳川家康の側近となった榊原康政は、ここから数々の武功を挙げていきます。

1570年に勃発した姉川の戦いでは、榊原康政が朝倉軍の側面を衝く奇襲をかけて混乱させ、朝倉軍を敗走に追い込んでいます。そして1573年に勃発した三方ヶ原の戦いでは、武田騎馬隊の強さの前に織田・徳川軍は圧倒的な敗戦を喫しています。

敗戦したものの榊原康政はここでも奮闘しており、武田本陣の山家三方衆を撃破します。更に徳川家康が浜松城へと敗走する際には、手勢の兵に大声をあげさせながら敵陣へかけ入り、武田軍を混乱させて瓦解させています。

続く1575年の長篠の戦いでついに強敵・武田軍を破りますが、この時榊原康政は武田四天王の一人・内藤昌豊と戦って徳川家康を守ったと言われています。

武田軍との争いは続き1581年に高天神城の戦いが勃発すると、榊原康政はその先陣を務めて徳川軍を勝利に導き、この戦いによって武田家の威信を失落させました。

本能寺の変後

1582年、本能寺の変が発生し織田信長が自害に追い込まれると、滞在先の堺でこの報を受け徳川家康は、京都・知恩院に向かいそこで自害すると主張します。本多忠勝らの説得により自害は死守されて三河国へと帰還することを決意しますが、明智軍や武者狩りを逃れるために、その道のりは伊賀の山々を超えて200㎞にも及ぶ険しいものでした。

この伊賀越えを共にしたのはわずか34名であったと言われますが、その中には榊原康政もいました。危険に溢れる道々において徳川家康を守り続け、本能寺の変から2日後、無事に三河国への帰還を果たしたのでした。

織田信長の死後、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破った豊臣秀吉は更に勢力を拡大させていき、徳川家康・織田信雄とも対立して1584年に小牧長久手の戦いとなります。

この戦いで豊臣秀次の軍勢をほぼ壊滅に追い込み、森長可・池田恒興という名だたる武将を討取る武功を挙げました。

徳川家康と豊臣秀吉が和睦した後、1590年からは小田原征伐における徳川軍の先手として出陣します。この年に上野国・館林10万石を与えられて、堤防や街道の整備に尽力しました。

関ヶ原の戦いと晩年

1600年に関ヶ原の戦いが勃発すると、榊原康政は徳川家康嫡男・徳川秀忠の補佐役を務めていたこともあり、徳川秀忠軍の軍監となり戦場を目指します。しかし、真田昌幸父子との間に発生した上田合戦によって足止めされ、関ヶ原本陣への帰参が遅れてしまいます。

徳川家康は徳川秀忠の失態に対して激怒しますが、榊原康政がこれを諌めてなんとかその許しを得ます。徳川秀忠はこのことに大いに感謝しました。

戦後、榊原康政は老中に任じられますが、所領の加増はなく、他の古参の武臣たち同様に政治の中心から遠ざけられます。その理由は諸説あり、太平の世を迎えるにあたり武勇専攻の武将は政治から遠ざけられたとも、関ヶ原の戦いで武功がなかったために自ら身を引いたからだとも言われています。

1606年になると榊原康政は毛嚢炎により床に臥すようになりますが、以前の恩を忘れなかった徳川秀忠は、度々医師や見舞いの使者を派遣しています。

しかしその甲斐なく、この年に59歳で亡くなりました。

榊原康政の人柄・人物像

榊原康政の人柄や人物像について説明します。

徳川家康・徳川四天王との関係

徳川家康は境原康政が幼い頃からその才能を見抜き、その武勇や知性を高く評価しています。

姉川の戦いの際、榊原康政は第二陣を指揮していましたが、軍隊を真一文字に進ませ、断崖絶壁を声を掛け合って押しあがれと命じ、徳川軍の先鋒を務めていた酒井忠次軍もこれに慌てて功を競ったと言われています。

徳川家康はこの戦いぶりを「この手の戦い方は、この度の康政が手本なり」と賞賛しています。

1574年には上杉謙信が境原康政に対して、「織田信長の不穏な動きがあるので、榊原康政を通して徳川家康に諫言してくれ」という内容の手紙が送られており、また公卿や寺社からも様々な取次を依頼されていたようで、榊原康政が徳川家康から高い信頼を受けていたことが、周辺の諸将達にも広く知られていたことが伺えます。

後世記された『武備神木抄』では、榊原康政は武勇では本多忠勝に劣るが、指揮官の能力としては本多忠勝に勝り、井伊直政に匹敵すると賞されています。

ここで比較された同じく徳川四天王である本多忠勝・井伊直政とは非常に仲が良く、「大御所の御心中を知るものは、直政と我ばかりなり」「自分が直政に先立って死ぬようなことがあれば、必ず直政も病になるだろう。また直政が先立てば、自分の死も遠くない」と語っています。

能筆家

幼い頃に大樹寺で学んだ榊原康政は、書道に長け、宇喜多騒動で調停役を務めたように(後述)行政能力にも長けていたために、徳川家康の書状の代筆も頻繁に行なっていたと言われます。

小牧長久手の戦いにおいて豊臣家臣達に送った檄文も非常に達筆な文字で書かれていたとされ、その能筆家ぶりが伺えます。

榊原康政の名言・エピソード

榊原康政の名言やエピソードについて解説します。

小牧長久手の戦いと豊臣秀吉

1584年に発生した小牧長久手の戦いにおいて、徳川家内では及び腰な家臣も多く、戦意が中々高まりませんでした。榊原康政は「太閤ほどの大敵に立ち向かって、城を枕にして討死することこそ武士の誉だ」と交戦を主張して彼らを奮起させました。

更に、榊原康政は「秀吉は信長公の恩を忘れて信孝様を滅ぼし、今度は信雄様に敵対する義なき者」という檄文を豊臣方の武将達に送りつけ、その戦意を削ごうと画策しています。これに対して豊臣秀吉は激怒し、榊原康政を討ち取った者には10万石の恩賞を与えると言い放ったと言われています。

後に徳川家康と豊臣秀吉が和睦した際には最初の使者として榊原康政が指名され、「小牧にて立札を立てた私の首を一目見たかろうと思って呼んだが、和睦した今となってみればその方の志はあっぱれである。徳川殿は小平太殿(=榊原康政)のような武将も持っていて羨ましい」と賞賛されました。

宇喜多騒動で調停役を務める

1599年に五大老の一人・宇喜多秀家の家臣同士で内紛が起こると(宇喜多騒動)、榊原康政は調停役として派遣されます。

榊原康政の側室が宇喜多家の家臣・花房氏の縁戚であったこともありましたが、彼の政務実務能力が買われて、調停役に抜擢されたのでした。この騒動により宇喜多家の家臣の多くが主家を離反し、徳川家の家臣団に加わり、このことが後の関ヶ原の戦いの勝敗にも大きく影響したと考えられています。

榊原康政はその任期が終わった後も居残って調停を結ぶために尽力しましたが、そのことで国許での政務が滞ってしまい、徳川家康より早く国許へ帰るように叱責を受けています。

フィクションにおける榊原康政

フィクションにおける榊原康政を解説します。

信長の野望における榊原康政

シリーズによっても異なりますが、榊原康政のステータスは統率90、武勇83、知略51、政治46となっています。『武備神木抄』で賞されたように、統率で90という高数値を誇っています。

ドラマにおける榊原康政

徳川家康の近臣として、徳川家康が登場する大河ドラマ1983年『徳川家康』(演:内田勝正)、2000年『葵 徳川三代』(演:清水紘治)などで、榊原康政も数多く登場しています。

2009年の『天地人』では俳優の川野太郎さんが演じ、やや血気盛んな性格でえがかれた一方、2017年の『おんな城主直虎』では、俳優の尾美としのりさんが演じており、常に冷静沈着な態度で物事にあたる武将として描かれました。

榊原康政は徳川家康と苦楽を共にした武勇と知性を備えた武将だった

決して高くない家格に生まれた榊原康政でしたが、徳川家康により幼い頃よりその才能を見出されて以降、共に連戦を重ね、死が目前に迫るような危機からも徳川家康を守り、天下取りの覇業を支えた忠臣でありました。

戦における数々の武功が目立ち、武勇の将としての評価が高いですが、決して武勇一辺倒の武将ではなく、小牧長久手の戦いにおいて檄文を発行したり、時には周辺諸将との交渉役・調停役を務めるなど智略にも優れた文武両道の武将でした。

まさに徳川四天王に連なるに相応しい名将であると評価できるでしょう。