王直は明出身の倭寇!鉄砲伝来に貢献し、ワンピースにも登場するって本当?

王直は、明(中国)の商人で、後に日本に渡り倭寇(海賊)になったとされています。中国では罪人とされていますが、日本では鉄砲伝来や南蛮貿易をもたらしたとされ、武士や商人からも信頼が厚かったと言われています。

今回は王直の人生を年表付きで解説し、人柄や人物像、名言やエピソードについても紹介してきたいと思います。

王直の基本情報

王直の人生

できごと

貿易商人だった

王直は中国(明)の貿易商人で、若い頃に塩商を手掛けますがが、事業に失敗。明が海禁政策を行ったため、密貿易に従事するようになりました。東南アジアや日本とも密貿易を行っていたため、博多商人と交流があり、日本人の信任を得ています。

倭寇の頭目になる

明の海禁政策から逃れた王直は、1540年に日本の五島列島に来住し、肥前の戦国大名:松浦隆信に招かれ、1542年に平戸に移っています。1548年に密貿易の取り締まりが行われ、拠点(中国)が攻撃されたため、日本に逃れて海賊組織を結成し、倭寇の頭目になっています。

その後も密貿易を拡大。明の河川や沿岸地域に詳しいこともあり、倭寇の代表的な頭目の1人になり、1553年5月と8月には大船団を組織し、明沿岸で海賊行為をしています。

処刑される

倭寇の取り締まりは一時的に弱まるが、1556年に王直は自分は倭寇ではないので恩赦を受けたいと願い出ており、その際に海禁政策の解除と自らの管理下での自由貿易を願い出ています。しかし、明の倭寇の取り締まりは厳しくなり、1557年に王直は官位をちらつかされて、舟山列島の港に入港。明の中でも王直の処分については、意見が分かれましたが、1559年12月に王直は捕られられ、処刑されています。

王直の人柄・人物像

王直の人柄や人物像について、紹介してきたいと思います。

王直は「後期倭寇」

倭寇とは、13世紀から16世紀にかけて朝鮮・中国の沿岸で活動した海賊で、主に九州地方の日本人で構成されたことから、倭寇と呼ばれています。倭寇の活動期は、前期(13世紀~14世紀)と、後期(15世紀~16世紀)に分けられます。

15世紀に始まった勘合貿易の影響もあり、倭寇の取り締まりが強化され、一時的に活動が衰えますが、再び盛んになったと言われています。勘合貿易は1404年に明の永楽帝と室町幕府3代将軍:足利義満の間で取り決められ、足利義満は明国から「日本国王」に封じられています。

勘合貿易で日本の経済は成長しますが、保護貿易であり、日本は中国の配下であるという印象が拭えませんでした。後に室町幕府4代将軍:足利義持はこの形式を嫌い、勘合貿易を一時的に止めますが、6代将軍:足利義教の時に復活しています。その後、室町幕府が衰えると、貿易の中心は大内氏や細川氏などの守護大名や堺・博多の商人に移っていきました。

前期倭寇は日本人が中心と言われていますが、実態は日本人や朝鮮人の連合体と言った方が近いかもしれません。王直は後期倭寇に分類され、日本人ではなく、中国人や朝鮮人が主体と伝えられています。王直のような倭寇が出現した理由については、明の海禁政策(民間貿易の禁止)が挙げられ行き詰った商人らが、密貿易や略奪を行うようになったと言われています。

王直は売国奴?

王直は貿易商人としては一定の評価がありますが、後に倭寇の頭目として中国を襲っていることから、日本と通じた売国奴として、否定的な評価もあるようです。2000年に長崎県五島市の日本人が王直の故郷(中国)に墓を建立しています。

しかし、2005年1月31日、王直が倭寇と結託した売国奴だと主張する中国人の大学教員2名により、王直の墓の文字の一部が、切り取られるという事件が起こりました。教員らは「王直は死刑になった中国の罪人。日本人が墓を建てるのは中国人を侮辱するものだ」と主張。教員のうちの1人は逮捕され、別の容疑(一党独裁を批判)で実刑判決を受けています。

王直の名言・エピソード

王直の名言やエピソードについて、紹介してきたいと思います。

鉄砲伝来は王直の功績

種子島に鉄砲がポルトガル人によって伝来された時、そこに一人の中国人の姿がありました。その中国人こそが王直だったのです。このころの王直は中国に拠点を持っていましたが、日本の九州地方にも拠点を持っていました。

実は種子島に流れ着いた船が王直の船で、その中にポルトガル人が乗っていたと見る説もあります。種子島の歴史書によると、王直がこの一行の中にいたとされ、種子島領主の種子島時堯は、同乗していたポルトガル人から鉄砲2挺を2千両の大金で購入したとあります。

その後、鉄砲は日本全国に伝来し、合戦の中心の武器になっていきました。中国では罪人として扱われる王直ですが、日本では鉄砲伝来や後の南蛮貿易をもたらしたことや、武士や商人にも信頼されていたことから、高く評価されています。

王直の出生について

王直に出生についての詳細は分かっていませんが、こんなエピソードが伝えられています。ある日、王直は母親に自分が生まれた時のことについて尋ねたところ、母親は「おまえを産むとき、大きな星がお腹の中に入る夢をみたよ。その日は大雪で草や木も凍るほどの寒さだった」と話したそうです。

王直は、この話を聞きたいそう喜んだと言われています。母親の言う大きな星ですが、孤矢星(こしせい)に間違いなく、その夢こそ自分が、武の道で大望を成す予兆に他ならないと思ったからだそうです。

孤矢星とは中国の星座の一つで、弓に矢をつがえた形に見えることから、武事と関連づけられることが多いそうです。また「草木皆凍(草や木もみんな凍ったこと)」も武事を象徴する出来事だとされています。王直の出生の秘密ですが、後世の創作の可能性が高いです。日本だと豊臣秀吉が生まれる前に母親が、日輪の夢を見たと言うエピソードに似ています。

この時代の倭寇は海賊と表現されますが、海賊は盗賊や略奪をする悪人というイメージが強いですが、このころは盗賊行為は一部に過ぎず、メインの活動は「海の貿易商」でした。当時の明の海禁政策は、自由に貿易ができない商人にとっては、悪法以外の何物でもありませんでした。

王直も「海上の覇権を握り、自由に貿易のできる海上王国をつくりたい」という理想から、明を飛び出し、東南アジアや日本にやってきたのかもしれません。しかし、当時の明はこれらの動きに厳罰を持って臨んだため、王直らも武装せざるを得なくなり、沿岸部の襲撃や他の商戦を襲わなければならないっはどに追い詰められていた可能性があります。

フィクションにおける王直

フィクションにおける王直について、紹介してきたいと思います。

信長の野望における王直

王直は武将ではないので、信長の野望には登場しません。しかし、信長の野望(蒼天禄)パワーアップキットの賞品武将として登場するようです、名は五峰’(ごほう)となっています。能力値ですが、政治:36、采配:78、知略:30となっています。

「ワンピース」に王直が登場する?

王直が登場したドラマは、現在のところ見つかっていません。しかし、漫画「ワンピース(ONE PIECE)」に王直という名前が出てきます。作品の中で四皇:白ひげ、カイドウ、ビッグマムがかつて「ロックス海賊団」という海賊団に所属していたことが明かされています。その他のメンバーの中に「王直」という名前が挙げられています。

「ONE PIECE」で王直と呼ばれる海賊は登場していませんが(回想シーンのみ)、倭寇で実在した王直をモデルにした可能性があります。

王直は中国と日本で評価が分かれる

王直は中国では罪人扱いですが、日本にとっては鉄砲伝来や南蛮貿易をもたらした存在で評価は高いです。このように本国と外国で評価が分かれる人物が他にもいます。

例えば、幕末に日本を開国されたペリーですが、日本では教科書に出てくるほどの存在ですが、本国のアメリカではそこまでではありません。もちろん軍人としてある程度の評価はあります。

ただ、国によって善悪の評価が割れる王直のような人物は非常に珍しいです。