大野治長は豊臣秀頼にも信頼された忠臣!淀殿とは幼馴染で不義密通した?

大野治長は豊臣秀吉・豊臣秀頼父子に使えた武将で、大阪冬の陣・夏の陣では豊臣家の首脳陣として戦ったことが有名です。また、乳兄妹の関係にある淀殿との密通も噂された武将でもあります。

この記事では大野治長の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。大野治長がどのような人物であったのか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける大野治長など、様々な視点から解説していきます。

大野治長の基本情報

大野治長(おおのはるなが)は丹後国出身で、安土桃山時代から江戸時代前期を生きた武将です。

青年期より豊臣秀吉に仕え、その死後は豊臣秀頼に仕えました。

大野治長の人生(年表付き)

できごと

母・大蔵卿局に従い大阪城に入る

大野治長は、1569年、豊臣家家臣である父・大野定長と母・大蔵卿局の間に誕生します。

お市の方に仕えていたとされる大蔵卿局は、大野治長と同じく1569年に誕生した淀殿の乳母を務めることとなり、大野治長も淀殿居城・小谷城下で幼少期を過ごしたと推測されています。

淀殿はその後1588年に豊臣秀吉の側室となることが決定し、大蔵卿局と大野治長はそれに従って大阪城へと移ります。この時に大野治長は豊臣秀吉に仕えることとなり、約3千石を与えられ馬廻衆に就任しました。

淀殿と小谷城時代からの幼馴染であった大野治長は、その側近として公卿との交渉を担当するなど、豊臣家内での力を強めていき、1589年には和泉国佐野・丹後国大野合計1万石を与えられ、丹後国・大野城を築きました。大野治長は側近の大野道犬を代官として赴任させ、大野村一帯の開拓を行なっています。

1591年には豊臣秀吉の鷹狩りに片桐且元らの重臣達と共に同行し、1592年には肥前名古屋に在番しています。さらに1593年に淀殿が豊臣秀頼を産むと、大蔵卿局が乳母に就任しました。

1594年には、豊臣秀吉が晩年の居城にしようと造築を始めた伏見城の普請に関わるなど、豊臣秀吉の近臣として大いに活躍しました。

徳川家康暗殺計画と関ヶ原の戦い

1598年に豊臣秀吉が亡くなり、正室・高台院やその侍女の孝蔵主が大阪城を去ると、大野治長や大蔵卿局は大阪城内での発言力を強めます。1599年に豊臣秀頼からも大いに信頼され、彼が伏見城から大阪城へと移る際には、大阪城の詰衆二番に名前を連ねています。

しかし、同年9月、豊臣家五奉行の一人である増田長盛が、大阪城を訪れた徳川家康に対し、前田利長らにより徳川家康暗殺計画が画策されていることを密告します。

10月、大野治長はその首謀者の一人として捕らえられ、下総国・下総結城に流罪となりました。同じく首謀者として捕らえられたのは土方雄久(常陸国に流罪)、浅野長政(蟄居)であり、黒幕とされた五大老・前田利長は母・芳春院を人質として江戸へ送ることとなりました。

翌1600年に関ヶ原の戦いが勃発すると、徳川家康暗殺計画で処罰された面々は、半ば強制的に東軍へと参加させられます。大野治長も、豊臣恩顧の武将でありながら、東軍へと参陣し、武功を挙げています。

これによって罪を許された大野治長は、1万5千石を与えられます。そして戦後まもなく、「(徳川家康は)豊臣家に対して敵意はありません」と記された書簡を豊臣家に届ける使者の役目を命じられます。

しかし、大阪城に赴いた大野治長は、そのまま江戸に戻らず大阪にとどまり、残された豊臣秀頼と淀殿の近臣として復帰しました。

片桐且元の追放

豊臣家の古くからの重臣であり、豊臣秀頼の家老を務めていた片桐且元は、豊臣家の一大事業であった方広寺の復興事業の責任者を務めていました。しかし、境内にある鐘に刻まれた「国家安康 君臣豊楽」の文字が徳川家康の名を引き裂き豊臣家を讃えるものだと因縁をつけられます。(方広寺鐘銘事件)

片桐且元が徳川家康との面会・弁明を許されなかった一方、淀殿の使者として江戸へ赴いた大蔵卿局はすぐに面会を果たし、和やかな対談を行います。

大蔵卿局は、徳川家より「大御所様(=徳川家康)の機嫌は悪くないので、大阪で話し合いをした上で、以降も徳川家と豊臣家の間に疎遠や不審の無いような対策を決め、江戸に盟約書を参じてもらいたい」との伝言を受けて大阪城に戻り、大阪城の者達は安堵しました。

しかし、その後徳川家康から片桐且元に対して、

「豊臣秀頼を江戸に住まわせること、淀殿を人質として江戸に住まわせること、豊臣家の所領転封に同意すること」という厳しい条件が突きつけられます。豊臣家存続の為にこの条件を飲むことを主張した片桐且元でしたが、淀殿はこの条件に激怒してしまいます。

大野治長もこの条件には賛同せず、片桐且元が徳川家康に内通したと疑い始めます。そして1614年には、大野治長・渡辺糺らの談合により、片桐且元を大阪城より追放することが決定しました。こうして大野治長は、豊臣家を主導する立場へとのし上がり、その後徳川家康との主戦派が大阪城内の主流となります。

大阪冬の陣・夏の陣

片桐且元が追放された1614年の11月、ついに大阪冬の陣が勃発します。大野治長はこの戦いで総大将分となり軍勢を指揮しました。大野治長は豊臣秀吉の残した莫大な金銀を配って全国から浪人を集めましたが、徳川軍が50万であったのに対し、豊臣軍は10万という少なさでした。

大野治長は各地で連戦した後に大阪城籠城を決めますが、大砲射撃も本格化し戦いは豊臣軍不利となります。一方の徳川軍も兵糧不足などの問題が起きていたため、同年12月18日より和睦の交渉が始まります。そして19日には合意して20日に誓約書が交わされると、ここに大坂冬の陣が終結しました。

この和睦の条件の中に、大阪城は二の丸・三の丸を破壊、堀は埋め尽くすというものがありましたが、この条件は迅速に実行されます。大阪城が本丸のみを残して内堀まで埋め立てられ、惨めな姿に変貌すると、冬の陣の総大将分であった大野治長に非難が集中し、刺客に襲われる事件まで発生します。

こうして大野治長が発言力を弱めると、主戦派の木村重成らの主導のもと、1615年4月、大阪夏の陣が勃発します。

大阪城は冬の陣の和睦により丸裸の状態となっていたため、籠城ではなく野戦での戦いとなりました。大和国・郡山城の戦いで勝利するなど、序盤こそ豊臣軍が優勢にあったものの、圧倒的な兵力差もありその後は敗戦を重ね、徐々に大阪城へと追い詰められていきます。

大野治長は、和歌山城を占領してその後徳川軍を挟み撃ちにすべく、部下を紀州に忍び込ませて一揆の扇動工作を行いますが、これに失敗しています。

そしてついに最終決戦の天王寺・岡山の戦いを迎え、真田幸村・真田幸昌率いる真田隊の活躍もあり徳川軍を混乱させます。しかし、大野治長が豊臣秀頼の出馬を上申するため、馬印を掲げたまま大阪城に帰城しようとしたところ、これを見た豊臣軍は大野治長が撤退したものだと勘違いしてしまい、一気に戦意を喪失してしまいます。

ここに徳川軍による総攻撃がしかけられて、豊臣軍は総崩れとなってしまいました。大阪城には火が放たれて、5月7日についに落城します。大野治長は、豊臣秀頼の正妻で徳川秀忠の娘でもあった千姫を使者として大阪城から脱出させ、「今回の戦いの責任は全て私にあるので、私の切腹で全てを赦免してほしい」と、豊臣秀頼・淀殿の助命嘆願を行いました。

しかし、徳川家康から判断を一任されていた徳川秀忠はこれを聞き入れず、豊臣秀頼と淀殿の切腹を命じました。5月8日、豊臣秀頼と淀殿が自害すると、大野治長も大蔵卿局とともに大阪城の山里曲輪で殉死・自害しました。

大野治長の人柄・人物像

大野治長の人柄や人物像について説明します。

奸臣か忠臣か

大野治長は、同時代の細川忠興からも痛烈に批判されており、後世においても「豊臣家を滅ぼしたのは淀殿と大野治長である」、「大した才能がないのにプライドだけ高く、時勢を読む力に欠け、人の好き嫌いで物事を判断する人物だった」等、酷評されることが多い人物です。

しかし、徳川家の記録には、徳川家康が大阪冬の陣の和議成立後に大野治長を評価して、

「修理若輩と思ひしに、大阪籠城の張本人にまかりなり、弓矢取り候段、武勇の儀申すに及ばず。秀頼へお忠節、はた浅からず(=大野治長は若年と思っていたが、城の主将としての武勇は言うに及ばず、豊臣秀頼に対する忠誠も厚かった)」と宣べた、と記録されています。

また、『春日社司祐範記』には、「大野修理沙汰して最後に切腹なり。手前の覚悟比類なし」と記されており、その最期の姿を賞賛されています。

文化人としての一面

大野治長は文化人の一面があり、千利休の高弟・古田織部重然を師匠として茶道を学んでいます。

『織部茶会記』や、『有楽亭茶湯日記』には、慶長13年から同19年頃まで、大野治長が頻繁に茶会に参加していたことが記録されています。東本願寺の第12代法主・教如からも茶会に招かれており、大野治長の記したと思われる礼状が残っています。

大野治長の名言・エピソード

大野治長の名言やエピソードについて解説します。

淀殿との密通

淀殿と幼馴染・乳兄妹であり親しい関係にあった大野治長は、当時から淀殿との密通を疑われています。大野治長が淀殿と同じ部屋から出てきたのを見た、という者も居たといいます。

『萩藩閥閲録』には、大野治長が密通の罪により宇喜多秀家に預けられたと記されており、同様の記録が『多聞院日記』にも残っており、『看羊録』にも「秀頼之母、方与大野修理通有進」との記述があります。

さらに『明良洪範』では、豊臣秀吉の第1子で夭折した鶴松も淀殿と大野治長の子であると記しています。

真田幸村と大野治長

真田幸村と大野治長は、若い頃から共に豊臣秀吉の馬廻衆を務め、良き友人・良きライバルとしての関係にありました。大阪冬の陣・夏の陣で真田幸村を招いてのも大野治長であったと言われています。

しかし、大坂冬の陣において大野治長が和睦を主張したのに対し、真田幸村はこれに反対して徹底交戦を主張して真っ向から衝突して、2人の関係は悪化してしまったようです。

フィクションにおける大野治長

フィクションにおける大野治長を解説します。

信長の野望における大野治長

シリーズによっても異なりますが、大野治長のステータスは統率25、武勇14、知略42、政治56と、全体的に低数値となっており、豊臣家を滅亡させた悪役というイメージからか、統率・武勇は特に低くなっています。

ドラマにおける大野治長

2016年の大河ドラマ『真田丸』では、俳優の今井朋彦さんが演じています。

様々な場面で豊臣家への忠義心がわかる言動と言葉を残しており、これまでの悪役としての大野治長像を覆すようなキャラクターとして描かれました。

大野治長は最期まで豊臣家を見捨てずに尽くし続けた忠臣だった

大野治長は大阪冬の陣・夏の陣を主導して徳川家に対抗し、結果として豊臣家を滅亡させたため、特に江戸時代においては悪役として扱われ、後世でも奸臣としての評価を受けることの多い武将です。

しかし、圧倒的不利な状況にも関わらず最期まで豊臣秀頼・淀殿に従って戦い、「戦いの責任は全て私にある」と必死の覚悟で2人の助命嘆願を行なった姿は、まぎれもなく忠義心溢れる忠臣の鏡であると言えます。