明智家の小見の方、戦国時代の中心人物たちの輪をつなぐ!?

小見の方(おみのかた)はマムシと呼ばれた斎藤道三(さいとうどうさん)の正室として嫁ぎ、道三との間に帰蝶(きちょう)などの子供たちをもうけます。

女性であることからあまり歴史の表舞台に立つことはありませんでしたが、娘の帰蝶は後に織田信長に嫁ぐことになり、明智光秀は小見の方の甥にあたります。

この記事では、戦国時代の中心人物となった武将たちと小見の方の関係を中心にお伝えいたします。

小見の方基本情報

明智家に生まれた小見の方は、美濃の実質上のトップに成りあがった斎藤道三に嫁ぎ、道三と共に戦国の世を生きました。小見の方の娘、帰蝶は後に尾張の織田信長に嫁ぎ、美濃と尾張の和平が成立したのです。

小見の方の人生

小見の方年表

できごと

 

小見の方 出来事の説明

 

小見の方の人生を大きく分けると次のようになります。
・明智家当主の家で生まれ、後の斎藤道三に嫁ぐまでの時代
・美濃と尾張が争っていた時代
・美濃と尾張が同盟を結び、娘、帰蝶を信長に嫁がせることになった時代

明智家当主の家で生まれ後の斎藤道三に嫁ぐまでの時代

小見の方は、1513年長山城主(現在の岐阜県可児市)、明智光継の娘として誕生します。明智家は、鎌倉時代から美濃を中心に守護を務めてきた土岐氏(ときし)の分家の家柄でした。土岐氏は、最盛期には美濃、尾張、伊勢の3か国の守護大名を務めたこともあり、美濃(現在の岐阜県の南部)では最も大きな勢力でした。その土岐氏の中でも明智家は、美濃の東の地域(現在の可児市や恵那市)を治めていました。

美濃で最大勢力の土岐氏でしたが、その内部に深く入り込んで来たのが、後の斎藤道三でした。斎藤道三は初め僧でしたが、油売りに転身し油問屋で成功を収めると、その後は土岐氏の重臣の家来になり、重臣の家を乗っ取ると、土岐氏内部抗争を利用して守護である土岐頼芸(ときよりのり)に接近し、実質のトップである守護代に登りつめます。

明智家は土岐氏の勢力の中でも斎藤道三に近く、いわば道三派でした。そんな背景もあり、小見の方は20歳そこそこで道三、当時の名前は長井規秀に嫁ぐことになったのです。

美濃と尾張が争っていた時代

小見の方は道三に嫁ぎ、3年もすると長女、帰蝶をもうけ、その後も道三との間に何人かの子どもをもうけました。
その頃、勢力を伸ばしてきたのが美濃の南に位置する尾張(名古屋市を含む現在の愛知県北部)の織田信秀(おだのぶひで)でした。信秀は津島神社などの門前町の都市開発も手掛け、戦国大名の中でもかなり裕福な戦国大名でした。この経済的な有利さを背景に、北の美濃や南の三河、さらには東の駿府まで勢力を伸ばそうとしていました。

小見の方の夫、斎藤道三は何度も織田信秀と戦うことになります。どちらも勝利することもあれば敗北することもありました。
道三と信秀の戦いの中で最も有名な戦いが1544年に起きた「加納口の戦い」(現在の岐阜市内)です。小見の方が道三に嫁いでから既に10年が過ぎていました。道三は実際の権力を握っていたとはいえ、美濃は一枚岩ではありませんでした。とくに土岐氏内部では、道三に美濃を乗っ取られたと恨みに思っている人間も少なくなく近隣の戦国大名である織田信秀や越前の朝倉孝景(あさくらたかかげ)ともつながっていた土岐氏の家臣もいました。

道三の美濃は1544年、南からは織田信秀が北からは朝倉孝景に攻めこまれます。織田、朝倉軍は総勢5,000人~25,000人だったと語られています。それに対して道三軍は数百でした。
南から攻めた大軍の織田信秀軍は美濃に入ると町を焼いていきました。そして、道三の居城、稲葉山城(いなばやまじょう)に迫ります。織田軍に押されて城内に退く道三軍。しかし、これは斎藤道三の最初からの作戦だったと言われています。退いたように見せた道三軍は、油断した織田軍を奇襲し、逆に織田信秀軍を追い詰めていきます。織田信秀が木曽川(きそがわ)まで敗走したときにはわずかな兵しか残っていなかったと言われています。

美濃と尾張が同盟を結び、娘、帰蝶を信長に嫁がせることになった時代

1540年代の初頭になると、尾張の織田家と駿府の今川家の間に挟まれた三河の地域では緊張が高まっていました。織田側につきたい勢力と今川側につきたい勢力の両方がいたのです。この状況の中で、織田軍と今川軍は何度も戦っていました。

1548年小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい)(愛知県岡崎市)で織田信秀軍は今川軍の太原雪斎(たいげんせっさい)に大敗すると一旦は三河への進出をあきらめざるを得ない状況に陥りました。そんな中で持ち上がった案が美濃と尾張の同盟でした。織田信秀と斎藤道三はともに同盟に同意しましたが、同盟を結ぶ際の条件としたのが、織田家の嫡男、織田信長に斎藤家の長女、帰蝶を嫁がせることでした。

ドラマなどの中では、帰蝶はマムシと呼ばれた斎藤道三の娘として非常に利発でたくましい姿で描かれる場合が多いようですが、史実によれば、帰蝶が嫁いだときの年齢は13、14歳。
武家の家とはいえ、今まで敵対してきた相手に娘を人質にだすように嫁がせた小見の方もさぞや寂しかったのではないでしょうか。

小見の方人柄・人物像

小見の方の人柄を説明します。

美しく、斎藤道三を支えて生きた小見の方

小見の方は美しい人だったと伝えられています。土岐氏に中途入社で入ってきた斎藤道三にとっては、土岐家の分家である東濃(東美濃)の要(かなめ)の家系の明智家から正室を迎えることには、非常に意味が大きかったでしょうし、道三が美濃で上りつめるにあたって明智家の協力を得ることは必要でした。また、小見の方は武家の生き方をきちんとこころえ、道三をきちんと支えていったと伝えられています。

歴史の中心人物をつなぐことになった小見の方

結果的に、小見の方の存在は日本の歴史に大きな役割を果たすことになりました。小見の方の娘、帰蝶(きちょう)は後に天下取り間近まで到達する織田信長の正室になりますし、明智光秀は、小見の方にとって実兄の長男で甥にあたり、明智光秀にとって小見の方は伯母にあたる人でした。ですから、小見の方の夫、斎藤道三は明智光秀にとっては親方様であると同時に義理の叔父さんでもあったのです。
後に明智光秀は織田家と足利将軍家を結びつける役割を果たし、織田信長の天下取りに貢献します。
小見の方に関わった斎藤道三、帰蝶、明智光秀は織田信長とつながり日本史でももっとも興味深い戦国時代を彩ることになったのです。

小見の方のエピソード

次は、小見の方にまつわるエピソードをお伝えします。

斎藤道三の側室の存在

小見の方が斎藤道三の正室に迎えられるときに道三には既に側室がいました。

深芳野(みよしの)と呼ばれていた女性です。
深芳野は、土岐家の重臣である稲葉(いなば)家に縁のある人だったと伝えられていますが、もともとは美濃の守護、土岐頼芸(ときよりのり)の側室でした。斎藤道三が無理やりに深芳野を土岐頼芸から奪ったと言われています。

斎藤道三と深芳野の間に生まれたのが斎藤義龍(さいとうよしたつ)でした。まわりから吹き込まれたこともあって、斎藤義龍は自分の実の父親は土岐頼芸(ときよりのり)だと思い込んでいたと伝えられています。

斎藤道三が戦国の世の改革者であったのに対して、息子の斎藤義龍は伝統を重んじる堅実なタイプで父親、斎藤道三とそりが合わず、義龍は反道三派の人々に祭り上げられていきました。

小見の方は帰蝶を産んだ後も斎藤道三とのあいだに男子をもうけたと言われています。斎藤孫四郎と斎藤喜平次です。深芳野から生まれた子たちであるとの説もありますが、年齢差から言うと、小見の方の子どもたちであったと考える方が自然です。

斎藤道三は、斎藤義龍に比べて小見の方の息子たちで幼い斎藤孫四郎と斎藤喜平次たちを可愛がりました。斎藤義龍はますます父親、斎藤道三への不信感を募らせていきました。

斎藤道三に反旗を翻す斎藤義龍

斎藤道三は、以前から決めていた通り、守護代の座を斎藤義龍に譲ると自身は出家します。しかし、義龍の周りからは道三は再度、守護代に復帰し、斎藤孫四郎か斎藤喜平次のどちらかに家を継承するつもりであるとのうわさが斎藤義龍の耳にも入ってきます。

斎藤義龍は、弟、斎藤孫四郎と斎藤喜平次たちを暗殺し、ますます斎藤道三への恨みを表面化させていきました。そして、1556年斎藤道三はわずかな兵で斎藤義龍と戦うことになりました。「長良川の戦い」と呼ばれている戦いです。劣勢な状況に面して、道三は娘、帰蝶の嫁ぎ先の織田信長に援軍を要請します。しかし、信長が到着する前に道三は討ち取られていたのです。すでに小見の方は亡くなっていましたが、二人の息子は斎藤義龍によって殺されてしまったのです。

フィクションで語られる小見の方

小見の方が斎藤道三に嫁いだ目的は?

多くのドラマにおいて美濃の土岐氏の分家である明智家は、小見の方の父親の時代から頭角を現してきた斎藤道三派であったため、明智家から小見の方を嫁がせたことになっていますが、人質として明智家から道三に差し出されたという説もあります。道三の正室として小見の方は嫁いだという話が一般的である一方、正室になったのは後の話であり、濃姫が生まれる前ころまでは正室ではなかったという説もあります。

小見の方の夫、斎藤道三は2代で1人?

小見の方の夫は、美濃の土岐氏に入り込み、最終的には土岐氏を退けて美濃のトップに上りつめた斎藤道三です。その夫、斎藤道三ですが、少年時代は仏門で修行をして、その後、美濃に来て、油屋問屋の主人となり、器用なところを見込まれて剣術を練習し始め、土岐氏の家臣の家に仕官したと言われております。その後、土岐氏の上層部をあやつりトップに駆け上がり、尾張の織田家と戦い、織田信長に娘、帰蝶を嫁に出し、その後は息子の謀反にあい死を迎えるとなっています。

最近の歴史家によると、斎藤道三ひとりでこれだけ多くのことを達成できたのかという疑問が投げかけられています。土岐氏の家臣の家に仕官してからの道三の行動については、多くの資料から確認されていることですが、仏門に入りその後、油問屋の主人になるまでの話は、道三の父親の物語であり、なぜか子の道三の話と道三の父親の話がミックスされてしまったのではないかという説も出てきています。いつの日にかこの謎が明らかにされる日は来るのでしょうか?

夫や子供たちよりも早く亡くなった小見の方

明智家で生まれた小見の方は斎藤道三に嫁ぎ、子たちをもうけて斎藤家を支えた人生でした。

そして、小見の方は、1551年に肺病のために亡くなったとされています。斎藤義龍による孫四郎と喜平次の暗殺や斎藤道三へのクーデターは小見の方の死後に起こったできごとです。
戦国の世とはいえ、実の息子たちや夫、道三の死という悲劇を目撃することなく亡くなったことは小見の方にとってはよかったのかもしれませんね。