織田信雄は織田信長の次男!その評価は愚将か子孫を残し家を繋いだ名将か?

織田信雄は織田信長の次男で、その高貴な血筋から織田家の後継となることを期待された武将です。しかし、本能寺の変後の不可解な行動や、豊臣秀吉や徳川家康との関係において不和不調があったことなどから、その評価はわかれるところです。

この記事では織田信雄の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。織田信雄がどのような人物であったか、どのようなエピソードを残したか、ゲームやドラマにおける織田信雄など、様々な視点から解説していきます。

織田信雄の基本情報

織田信雄(おだのぶかつ)は尾張国に生まれますが、北畠家の養子となったため伊勢国で育ち、戦国時代から江戸時代初期までを生きた武将です。

父・織田信長に仕え、本能寺の変以降は豊臣秀吉、徳川家康と主君を変えていきます。

織田信雄の人生(年表付き)

 

できごと

北畠家の養子として

1558年、織田信長の次男として誕生しますが、北畠氏との間に起こった戦の和睦の証として、北畠具房の養子となり、北畠氏の領地である伊勢国へと移ります。

1575年には家督を継いで家中の実権を握り、養父・北畠具房とその父・北畠具教は隠居させられます。しかし、これに納得できない北畠具教との間で対立が生じ、1576年、ついに織田信雄は北畠具教とその家臣14名を殺害します。(三瀬の変)

こうして織田信雄は北畠氏が有していた伊勢国を完全に手に入れました。勢いづいた織田信雄は兄・織田信忠に合流し、紀州征伐・石山本願寺攻め・神吉城攻めと連続して参戦、実績を積んでいきます。

1579年には、さらに実績をあげようとしたのか、織田信長に無断で伊賀に攻め入ります。(第一次天正伊賀の乱)この地では伊賀惣国一揆が発生しており、織田信雄はこれを早く沈めようとしたのかもしれません。しかし、伊賀衆の奇襲に苦戦し敗北し、多くの家臣を失います。この一連の動きに対し、織田信長は「親子の縁を切る」とまで言って激怒しました。

リベンジとなった1581年の第二次天正伊賀の乱では、織田信長の命によって大和・近江等からの軍勢も加わり、事前に伊賀側に内通者を置くなどの作戦が功を奏して勝利を収め、伊賀平定を成し遂げます。

本能寺の変と清洲会議

しかし翌年の1582年、本能寺の変が発生し父・織田信長と、兄・織田信忠が亡くなります。

この時織田信雄は、甲賀まで軍を率いていたにも関わらず、明智光秀と戦おうとせずそのまま引き返してしまいます。一方、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は中国攻めの最中であったにも関わらず、わずか10日後程には明智光秀を打ち取り敵討ちに成功します。

遅れを取り戻そうとした織田信雄は即刻安土城に入りますが、失火で安土城と市街地を焼く失態を犯します。このような状況下で、織田信長の後継を決める清洲会議が開かれます。後継になろうと考えていた織田信雄は、これまで北畠を名乗っていましたが、この時織田に復姓します。しかし、失敗続きの彼の名前が候補に挙がることはありませんでした。

清洲会議では、織田信忠の遺児・三法師(織田秀信)を推す羽柴秀吉と、織田信雄の弟で文武両道の誉高かった・織田信孝を推す柴田勝家が対立しますが、最終的に織田家当主は三法師、織田信孝と織田信雄は後見役と決定します。

豊臣秀吉と徳川家康の間で揺れ動く

羽柴秀吉と柴田勝家の間に賤ヶ岳の戦いが起こると、織田信雄は羽柴方につきます。一方弟の織田信孝は柴田方につき対立し、本拠地であった岐阜城を攻め織田信孝を切腹に追い込みました。

この戦いに勝利した後、三法師の後見役として安土城に入りますが、羽柴秀吉に即刻退去させられます。このことで2人の関係は悪化し、織田信雄は徳川家康に接近していきます。

そして1584年に、徳川家康と組み羽柴秀吉に宣戦布告し、小牧・長久手の戦いが勃発します。しかし、戦いが長引き謀反者も出てきたことに焦った織田信雄は、徳川家康に無断で和睦してしまいます。

和睦条件として領地の一部を羽柴秀吉に譲ることとなり、これ以降羽柴秀吉に臣従する立場へと逆転し、1585年には富山の役、1590年には小田原征伐に参戦し武功を立てています。

しかし、戦後の褒賞として旧徳川家康の領地であった三河・遠江への転封を命じられた織田信雄は、これを拒絶します。これが豊臣秀吉(1586年羽柴より改姓)の怒りを買い、改易されてしまいます。下野国、出羽国、伊予国と流された後、1592年、徳川家康の仲介があり許され、大名に復活します。

関ヶ原の戦いと晩年

1600年に関ヶ原の戦いが起こると、織田信雄は西軍・東軍どちらにつくかを明確にせず、大阪城に閉じこもります。戦後、西軍の城にとどまったこの態度が咎められ、徳川家康により改易されます。

その後、豊臣家へ再出仕し豊臣秀頼を補佐しますが、1614年に大阪冬の陣が起こると、直前で徳川方へと転身します。ここではスパイとして働き、大いに徳川家康を喜ばせたと言われています。こうした活躍から1615年には新たに大和と上野を与えられ、その後は風流の世界に生き、1630年に73歳で亡くなります。

織田信雄の人柄・人物像

織田信雄の人柄や人物像について説明します。

三介殿のなさることよ

織田信雄は、第一次天正伊賀の乱において織田信長からも強く叱責されていたり、一族の中でも、度重なる失態を「三介殿(=織田信雄)のなさることよ」と呆れられていたと言います。

安土城を失火で焼いた際には、宣教師のルイス・フロイスからも「信長の子、御本所(=織田信雄)は普通より知恵が劣っていたので、何ら理由も無く、邸と城を役払う様命じた。彼は市にも放火した」と厳しい評価を受けています。

フェミニストな一面も

本能寺の変の後、行き場を無くした織田信長の母・土田御前や織田信長長女・徳姫を保護し、彼女達に化粧料を与えて悠々自適に生活させています。一説では、賤ヶ岳の戦いの後茶々・初・江の三姉妹を保護したのも豊臣秀吉ではなく織田信雄であるともされており、一族の中で無能者として扱われていたにも関わらず、女性を尊重し慈悲深い一面があったことがわかります。

織田信雄の名言・エピソード

織田信雄の名言やエピドードについて解説します。

風流の世界で才能を発揮

1615年に徳川家康から与えられた領地に庭園「楽山園」を造園し、茶や鷹狩りにも興じ、1628年には徳川家光の茶会にも招かれて参加しています。能の名手でもあり、「能の才能は比類なく、扇の扱いにとても優れいる」と高く評価されています。

また上野では蚕産業を奨励し、これが後に群馬県が有数の養蚕地帯となったことに繋がったとも言われます。

尾張・伊勢の支配

清洲会議の後、尾張・伊賀・南伊勢を相続した織田信雄は、その支配において才能を発揮しています。

2度に渡る検地を行い領国の貫高を統一的に把握し、その上で改めて土地を与えることで統一的で公平な知行制を実現させます。この検地は、この時代において先進的であり、近世石高知行制の内実を備えた画期的なものであると評価されています。

フィクションにおける織田信雄

フィクションにおける織田信雄を解説します。

信長の野望における織田信雄

シリーズによっても異なりますが、織田信雄のステータスは統率40、武勇21、知略9、政治58と全般的に低い数値が並びます。特に知略は9であり、無能であったというイメージが大いに反映されています。

三谷幸喜著『清洲会議』における織田信雄

2012年に出版され、映画化もされた三谷幸喜の小説『清洲会議』では、織田信雄はろくに考えもせず感覚で動くいい加減な性格で、家臣からの人望もないのに自分では頭が良いと自惚れた人物として描かれています。

その他、大河ドラマ江(演:山崎裕太)においてもプライドは高いが軽率な人物として描かれるなど、フィクションにおいては無能な人物として登場することが多いです。

織田信雄は豊臣秀吉や徳川家康と合従連衡しながら長寿を全うした

織田信長の血を受け継ぎながら多くの失態と軽率な判断・行動を繰り返し後継の立場を失った織田信雄でしたが、激動の時代に73歳という高齢まで生き抜き、織田家を存続させたことは見事であると言えます。

豊臣秀吉や徳川家康と付きつ離れつしたのも軽率な判断からではなく深く考えた上の処世術であったのかもしれません。織田信長には数多くの息子がいましたが、江戸時代まで大名として名を繋いだのはこの織田信雄の系統のみであり、その血脈は現在の皇室にも繋がっているのです。