長野業正は上杉家の忠臣で武田信玄にも恐れられたお爺さん武将!

長野業正は上杉家に仕えた武将で、箕輪城を本拠とした箕輪衆を組織し高い軍事力を誇り、武田信玄をも苦しめた智将です。

この記事では、長野業正の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。長野業正がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける長野業正など、様々な視点から解説していきます。

長野業正の基本情報

長野業正(ながのなりまさ)は上野国に生まれ戦国時代を生きた武将です。生涯上杉氏に仕え、北条氏・武田氏らとの戦いにおいて大いに活躍しました。

長野業正の人生

できごと

山内上杉家の重臣として

長野業正は、山内上杉家に仕える長野家に1491年に誕生します。長野氏は箕輪城を本拠とし、周辺の国人から成る「箕輪衆」を統率していた一族でした。

長野業正には12人もの娘がおり、その内の一人が上野守護代で同じく山内上杉氏家臣であった白井長尾家に嫁いでいました。その夫で当主の長尾景誠が暗殺され家督争いが起こると、舅の立場から長野業正が斡旋し、白井長尾家における実権を握ります。

この時、白井長尾家は主君の山内上杉氏から離反していましたが、長野業正の説得により、再びその傘下に入ることとなります。この頃の山内上杉家は、長年に渡る内部争いで弱体化しており、加えて北条早雲の勢力が勃興した影響で、家臣達の離反が止まらず、衰退への一途を辿っている所でした。

北条氏康の代になると、北条氏は益々勢力を強め、上杉氏対北条氏の河越城の戦いが勃発します。長野業正は箕輪衆を率いて参戦しますが、数の上では圧倒的であった上杉軍が、夜襲をかけられたことで混乱し、大敗してしまいます。

上杉憲政からの離反

1547年、甲斐の武田信玄の軍勢が苦戦していると聞いた山内上杉氏当主の上杉憲政は、これを機に武田氏を討ち取ろうと出兵し小田井原の戦いが起こりますが、長野業正は事前にこれに反対、参戦を拒否します。

長野業正のいない上杉軍は、河越城の戦いに続きこの戦いでも大敗します。その後北条氏にも攻められ、上杉憲政は越後の長尾景虎(後に家督を譲られ上杉謙信と名乗る)を頼って落ち延びます。1552年、長野業正はついに上杉憲政を見限り、越後行きには従わずに離反します。

武田信玄との戦いと、上杉謙信との合流

主君を失った長野業正ですが、上杉家に義理を立て、勢いづく北条氏に寝返ることはせず上野にとどまりました。

そんなところに、これをチャンスと見た武田信玄が、1557年より西上野侵攻を開始してきます。この時、すでに長野業正は69歳でした。

長野業正は、従前からの箕輪衆に加え、新たに周辺の国人達と協力し2万を越す軍隊を組織し、武田信玄に対抗します。序盤は長野業正軍が圧倒するものの、やはり武田の軍勢は強力で、一度退却し箕輪城に立て籠ります。

それからの箕輪城の守りは非常に固く、長野業正は朝駆けや夜襲を繰り返し仕掛ける奇襲戦を繰り広げます。これに参って一度は撤退した武田信玄でしたが、その後6回にも及び繰り返し侵攻してきます。長野業正はその度にこれを撃退し上野の支配を守りました。

武田信玄との戦いと時を同じくする1560年から、上杉謙信が北条氏康征伐の為の関東侵攻を開始します。長野業正はこれにいち早く応じて参戦します。上杉謙信と共に、北条氏に寝返っていた上野の他の城を攻め落とし、ついに小田原城を包囲することに成功します。

しかし、北条氏康と同盟を組んでいた武田信玄が動き出しこともあり、1561年6月に侵攻を中止し引き上げました。そして戦いを終えたこの年の11月、長野業正は病により71歳で亡くなりました。

長野業正の人柄・人物像

長野業正の人柄や人物像について説明します。

小田井原の戦いに参加しなかったのは何故か

1547年の小田井原の戦いの前、多くの家臣が参戦に賛成しますが、長野業正はこれに一人異論を唱えます。

「北条氏康は武略に優れ数度の合戦に勝利した結果、関東では彼の勢力が日ごとに増している。一方、当家は逆に日ごとに衰退している。諸将が力を尽くし北条に攻め潰されないよう努めなければならないこの状況下で武田という敵を増やすのは、錯乱しているとしか思えない」

「戦えば武田信玄が勝ち、ここにいる家臣達もやがて離反するだろう。それでも私は武田信玄には従わないが。」

と予言し、その場を立ち去りました。この言葉を無視し、長野業正抜きでも勝てると踏んだ上野憲政でしたが、結果は上記の通り大敗北を喫しています。長野業正がいかに先を見通す目をもつ人物だったかが分かります。

虎と評された長野業正

江戸時代に記された『関八州古戦録』には、長野業正の活躍が大いに記されています。武田信玄を6回に渡って退けたという逸話もここに記されたもので、「6回」という数字は実際よりも多く盛って書かれているのではないかと言われています。

しかし、長野業正が武田信玄を苦戦させたということは事実であり、後世の人々から、その高い軍事力や指揮力をして「上州の黄斑(虎)」と異名付けられ高く評価されました。

後世虎と呼ばれた長野業正ですが、その勇猛果敢な戦いぶりとは裏腹に、性格はとても温和で、多くの国衆に慕われていたようです。上杉家が衰退し始めると、その居城であった平井城に挨拶に行く者が激減したにも関わらず、長野業正の箕輪城には、挨拶に訪れる者が絶たなかったと言われています。

武田信玄による評価

西上野侵攻で長野業正に苦しめられた武田信玄は、「業正ひとりが上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と弱音を吐いたという記録が残っています。また、長野業正が亡くなった時には、「これで上野を手に入れたも同然」と喜びました。

長野業正の猛将ぶりを恐れ、高く評価していたことが伺えます。

長野業正の名言・エピソード

長野業正の名言やエピソードについて解説します。

真田幸隆との関係

1541年、村上義清と戦って敗北し、領地を失った信濃の真田幸隆が、長野業正を頼って上野に逃げ込んできます。長野業正はこれを保護し、かくまってあげました。

しばらくして武田信玄が村上義清と争うようになると、真田幸隆は武田信玄と協力することで領地を取り戻そうと考え始めます。しかし、長野業正への恩を考えると、中々踏み出せずに悩み、仮病を使って箕輪城内に与えられた部屋に閉じこもるようになります。

そんな時、長野業正は、「病気が重いのなら、治療と薬を求めていち早く出発した方が良い」と促し、押し切るように別の土地に移させます。移動先で長野業正からの手紙を読んでみると、そこには「武田信玄は若年ながら優れた武将である。しかし箕輪に私が居る限り上野に入ってこようとは思うなと伝えてくれ。もし旧領を取り戻せたら、また親しく付き合おう」と書かれていました。

長野業正は真田幸隆の心情を察し、仮病と分かっていても、武田信玄の所に行きやすいよう配慮したのです。この心遣いに感謝した真田幸隆はこれを忘れず、長野業正が病に倒れた際には見舞いに訪れています。

遺言

長野業正はその死に際して、「私が死んだ後、一里塚と変わらないような墓を作れ。我が法要は無用。敵の首を墓前に一つでも多く供えよ。敵に降伏してはならない。運が尽きたなら潔く討死せよ。それこそが私への孝養、これに過ぎたるものはない」と遺言を残しています。

この凄まじい遺言からは、長野業正の勇ましさや武人としての誇りを高くもっていたことが感じとれます。息子の長野業盛は、長野業正の後を継ぎ武田信玄と勇敢に戦いますが、ついに敗北します。そして遺言通りに、降伏はせず一族郎党と共に自害することとなります。

フィクションにおける長野業正

フィクションにおける長野業正を解説します。

信長の野望における長野業正

シリーズによっても異なりますが、ゲーム信長の野望における長野業正のステータスは、統率89、武勇78、知略86、政治60となっており、全ての面で高い数値を誇ります。織田信長や前田利家らの有名武将に引けを取らないステータスです。

ドラマにおける長野業正

武田信玄の軍師山本勘助を主人公とした2007年の大河ドラマ『風林火山』に登場し、俳優の小市慢太郎さんが演じています。史実通り、主家に対する忠義に厚く、先見の目を持った智将として描かれています。また真田幸隆がその死を悲しんで涙を流すシーンもありました。

長野業正は武力・知略・忠信にも優れた武将だった

長野業正の守った上野は、武田信玄、北条氏康という強大な勢力に挟まれた群雄割拠の土地でした。

このような勢力にも屈せず、既に高齢ながら武田信玄を苦戦させて土地を守り続け、衰えゆく上杉家にも忠義をもって仕えた姿は賞賛に値します。まさに「上州の黄斑」と呼ぶにふさわしい稀代の智将であると言えるでしょう。