毛利元就は中国地方を支配した長州藩の祖!三本の矢の名言に託した想いとは

毛利元就は一代にしてその勢力を大幅に拡大させ、大友氏や尼子氏を滅亡させて中国地方を支配するにいたった武将です。調略や奇襲を用いて数々の不利な戦いを制しており、その巧妙さ、知略の高さでも知られて「謀神」とも評されます。

この記事では毛利元就の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。毛利元就がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける毛利元就など、様々な視点から解説してきます。

毛利元就の基本情報

毛利元就(もうりもとなり)は安芸国出身で、戦国時代を生きた武将です。

毛利氏の家督を継いでからは尼子経久、大内義隆に仕えましたが、その後は中国地方を治める戦国大名に成り上がっていきました。

毛利元就の人生

できごと

安芸国の国人領主の家に生まれる

毛利元就は、1497年、大内氏に従う安芸国の国人領主であった毛利弘元を父として誕生します。次男であったため、家督は1500年に兄・毛利興元が継ぎ、幼い毛利元就は父とともに多治比猿掛城へと移りました。

1506年に父が死去すると、毛利元就は家臣であり後見役を務めていた井上元盛によって多治比猿掛城を横領され、城を追われてしまいます。毛利弘元の側室であった杉大方は、毛利元就を保護して手厚く養育します。

彼女は熱心な念仏信仰者であり、毛利元就も彼女から大きな影響を受けて育ちました。1511年には杉大方による毛利興元へのとりなしで元服し、またこの年に井上元盛が死去したために多治比猿掛城へと戻り、分家を立てて多治比元就と名乗りました。

1516年に毛利興元が急死すると、毛利宗家の家督をその嫡男であった幸松丸が継ぎますが、わずか2歳であったために、叔父である毛利元就が後見人になります。後見人といっても、この時の毛利元就は20歳の若者でありました。

相次ぐ当主の急死と幼い当主の就任に混乱していた毛利家に、これをチャンスと見た佐東銀山領主・武田元繁が侵攻し、「西の桶狭間」と称される有田中井手城の戦いが勃発します。

この戦いは毛利元就の初陣でありましたが、肉弾戦の末にこれを制します。勢力を誇っていた安芸武田氏はこの敗北を機に衰退していき、変わって「項羽」とも讃えられていた勇将・武田元繁を討取った毛利元就の名が一躍有名になっていきました。

この戦いの後、毛利元就はこれまで仕えていた大内氏から鞍替えして尼子氏に仕えるようになります。1523年に大内氏と尼子氏の間で勃発した鏡山城の戦いには尼子氏軍として参陣し、ここで調略を行なって大内軍を混乱させ、尼子軍の勝利をもたらしています。

しかし、毛利元就の武功にも関わらず尼子経久からは恩賞が与えられず、加えて毛利元就の智勇を警戒されるようになり、両者の関係に亀裂が入るようになりました。

嫌々ながらも家督を継ぐ

鏡山城の戦いの後、幸松丸がわずか9歳で死去し、毛利家は再び家督相続の混乱に陥ります。毛利家宿老15名は、合議の末に「毛利元就を当主と認める」という起請文を作成します。

毛利元就は自分はあくまでも分家の人間であるからと、当初当主就任を拒んでいました。この起請文を見たところでようやく当主就任を許諾し、毛利氏の本拠地・吉田郡山城へと入城しました。

しかし、坂広秀・渡辺勝ら重臣の一部はこの家督相続に不満を抱いており、毛利元就の異母弟で、武勇に優れ「今義経」と呼ばれていた相合元綱を新たな当主として擁立しようと画策し始めます。尼子経久もこの家督争いに介入し、坂広秀・渡辺勝と結託しました。

彼らは1524年にクーデターを起こすことを決めますが、かねてより間者として側近を養っていた毛利元就は、このクーデターを事前に察知し、先手をうって相合元綱の居城・船山城を攻撃してこれを討ち取りました。

坂広秀・渡辺勝らも殺害され、家督相続に関連する争いはここに一応の収束を見ましたが、彼らに協力した尼子経久との対立は決定的なものとなりました。

大内氏への再帰参と勢力拡大

1525年、尼子氏と関係を断って大内義興の傘下となる立場を表明した毛利元就は、1529年に尼子経久と共に相合元綱を擁立しようとした高橋興光ら高橋一族を討伐します。この勝利により高橋氏が治めていた安芸国から石見国を手に入れ、毛利氏の領土は一気に拡大しました。

さらに、1535年に尼子氏に転じていた多賀山通続の蔀山城も陥落させ、尼子経久を追い込んでいきます。

一方、毛利家と同じく安芸国の一部を治めていた宍戸氏・天野氏や、有田中井手城の戦いでは敵方であった熊谷氏とは友好な関係を築いていき、安芸国人の盟主としての地位を確保しました。

特に宍戸氏とは長年敵対関係にありましたが、娘を宍戸隆家の正室とすることでその関係を修復しました。

これによって宍戸氏と縁戚関係のあった備後国・山内氏との繋がりもでき、宍戸隆家の祖父・宍戸元源とは特に気が合い、彼は中央との繋がりも有していたので、細川氏や赤松氏といった中央の大名との繋がりもできるなど、その収穫は大きいものがありました。

1540年、毛利元就の尼子氏離反に怒っていた尼子晴久(尼子経久から1537年に家督を譲られていた)は、毛利征伐のために安芸国に侵攻し、吉田郡山城の戦いとなります。

毛利元就はわずか3千の兵で籠城しますが、宍戸氏の協力、そして大内義隆の援軍もあってこの戦いに勝利します。この勝利によって安芸国・備後国の国人衆の多くが大内氏に付くようになり、毛利氏の安芸国内での地位も高まりました。

第一次月山富田城の戦いと隠居

1542年、大内氏と尼子氏の間に第一次月山富田城の戦いが勃発すると、毛利元就は大内軍として参陣します。

吉田郡山城の戦いの後、大内氏内の武断派・陶晴賢らの主張によって出雲遠征が決定され、尼子氏の本拠・月山富田城への侵攻が開始されたのでした。

この戦いは長期戦の末に大内軍が敗北し、毛利元就は殿を務めますが、尼子氏の激しい攻撃にあい、壊滅的な打撃を受けます。自害を覚悟するまでに追い込まれた毛利元就でしたが、家臣・渡辺通が身代わりとなり、なんとか吉田郡山城へと敗走することが出来ました。

大内義隆はこの敗戦によち政治意欲を失い、一方の尼子氏は尼子晴久のもとで勢力を拡大させ、最盛期を迎えることとなりました。

1546年、毛利元就は突如隠居を表明して家督を長男の毛利隆元に譲ります。ただし、実権は毛利元就が握っており、1545年には三男・小早川隆景を小早川家の養子に出して小早川家の強力な水軍を手に入れ、1547年に次男・吉川元春を吉川家の養子として名門・吉川家の勢力も手に入れました。

厳島の戦いと大内氏滅亡

第一次月山富田城の戦いでの敗北以降、大内家では武断派の陶晴賢と文治派の相良武任の間で対立が発生していました。

勢力を回復させていた尼子氏に対しては、大内諸将や毛利元就が対抗して出陣、布野崩れや神辺合戦などが勃発していましたが、当主である大内義隆は戦を嫌がり、陶晴賢らの武断派を国政の中心から遠ざけていました。

これに不満を募らせた陶晴賢は、1551年ついに大寧寺の変を起こし、相良武任・大内義隆を殺害した上、新たな当主として大内義長を据え、大内家の実権を掌握しました。

毛利元就は陶晴賢とは盟友であり、この当主交代劇にも同意していたと言われます。実権を握った陶晴賢は毛利元就に安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えました。

しかし、これを受けた毛利元就が勢力拡大を狙って旧当主・大内義隆を支持する国人衆を攻撃し、尼子氏側の備後高杉城、旗返山城を陥落させていくと、陶晴賢は毛利元就の勢力拡大に危機感を抱き、支配権の返上を要求しました。

これを毛利元就が拒否したために両者は対立し、更に長男・毛利隆元は人質として幼少期を大内義隆の元で過ごしたためにこれを殺害した陶晴賢に恨みを持っており、「いずれ陶晴賢とは決裂する運命にあるから、今戦うべきだ」と説得を受けます。

兵力数の上で圧倒的不利にあった毛利元就ですが、この説得を受けて決戦を決意し、1555年に厳島の戦いとなります。陶軍2万〜3万に対して、毛利軍は4千〜5千という状態での開戦でした。

日本三大奇戦に挙げられるこの戦いにおいて、毛利元就はまず事前の情報操作や調略を行なって陶軍を混乱させました。そして本戦では、村上水軍等による奇襲攻撃を繰り返して大勝し、陶晴賢を自害に追い込みました。

陶晴賢によって支えられていた大内氏もこれによって勢力を大きく衰退させ、1557年、毛利元就は大内氏内で発生した内紛に乗じて大内義長を攻め込んで討ち取り、ここに大内氏が滅亡し、毛利元就は九州を除く大内氏の旧領の大半を手に入れました。

石見銀山をめぐる戦い

良質な銀の採掘が可能だった石見銀山は、それを財源にしようとした大内氏と尼子氏の間で、長い間争奪戦が繰り広げられていました。

大内義隆が殺害されて以降は、毛利元就が尼子晴久とその支配権を巡って戦うこととなり、1556年に忍原の戦いとなりますが、尼子軍に大敗して、石見銀山は尼子氏のものとなります。(忍原崩れ)

これを取り戻そうとした毛利元就は続いて降露坂の戦いを起こしますが、ここでも大敗してしまうのでした。しかし、1561年に尼子晴久が急死すると、跡を継いだ尼子義久は家中の動揺を抑えるため、1562年に毛利元就と「石見不干渉」を約束した雲芸和議を結びます。

これにより尼子氏の石見での前線が崩壊し、家臣が離反したり自害したりする事態に陥ります。石見での形勢を逆転させた毛利元就は和睦を破って1562年に出雲侵攻を開始しました。

第二次月山富田城の戦い

こうして1565年、第二次月山富田城の戦いが勃発すると、白鹿城を始めとして尼子氏の拠点が毛利軍によって次々と制圧されていきます。更に尼子氏の内部崩壊をねらった策略をめぐらせ、投降者を続発させました。

やがて月山富田城への総攻撃が開始されると、1566年ついに尼子氏が降伏し、尼子義久らは安芸国へと幽閉されました。

これによって尼子氏は滅亡し、毛利元就は中国地方8か国を支配する大名へと成り上がりました。

その後、山中幸盛ら尼子氏の残党は抵抗を続け、さらに豊後国の大友宗麟も侵出してくるなど、毛利は危機的な状態に陥りましたが、吉川元春や小早川隆景の活躍がありこれを何とか乗り切っていました。

この頃から体調を崩すようになっていた毛利元就でしたが、1569年には一時回復したため、この年に大友氏との間で発生した立花城の戦いに参陣します。1570年、尼子勝久への攻撃を行った際には毛利元就は吉田郡山城に残り大友氏らの来襲に備えますが、ここで重病へと陥りました。

その後症状は一時落ち着き、病気平癒祈願なども行なったものの、1571年に危篤状態となり、吉田郡山城で死去しました。75歳でした。

毛利元就の人柄・人物像

毛利元就の人柄や人物像について説明します。

朝倉宗滴による評価

越前国の名将・朝倉宗滴は、『朝倉宗滴話記』の中で、毛利元就について

「日本に国持人使の上手よき手本と申すべく仁は、今川殿(=今川義元)、甲斐武田殿(=武田信玄)、三好修理大夫殿(=三好長慶)、長尾殿(=上杉謙信)、毛利某(=毛利元就)、織田上総介(=織田信長)、関東正木大膳亮方(=正木時茂)」と記し、政務・家臣掌握術において著名な名将と共に毛利元就を高く評価しています。

愛妻家

毛利元就は非常に愛妻家であり、正室・妙玖とは政略結婚であったものの非常に仲睦まじい夫婦でした。二人の間には、毛利隆元・吉川元春・小早川隆景という非常に優秀な三兄弟が生まれています。

1545年に彼女が亡くなった際には、三日間籠って泣き続け、毛利隆元に対し

「この頃は、なぜか妙玖のことばかりがしきりに思い出されてならぬ」「妙玖がこの世にいてくれたらと、いまは語りかける相手もなく、ただ心ひそかに亡き妻のことばかりを思うのだ」と手紙を送っています。

この愛妻家の一面は息子達にも受け継がれており、嫡男・毛利隆元や次男・吉川元春も、愛妻家の武将として知られています。

家臣との関係

毛利元就は家臣を非常に大切に扱っており、三男・小早川隆景に対して、「家臣を切るのは自分の手足を切るような悪いことであるから、決してしてはならない」と記した手紙も残っています。

若年期に家督争いを巡って対立した渡辺勝の遺児・渡辺通の帰参を許したり、また毛利家内で専横を極めた家臣・井上元兼を静粛した際にも、その処罰は主だった30名のみに止めるなど、自身に背いた家臣の一族に対しても、非常に寛大な扱いを見せています。

この内、第一次月山富田城の戦いで自身の身代わりとなった渡辺通に対する恩は生涯忘れず、「毛利家の続く限り、渡辺の家を見捨てぬ」と言い、その言葉通り、遺児・渡辺長を取り立て、後に彼は毛利十八将の一人に名を連ねるまでの忠臣へと成長しました。

岩木道忠という家臣が出雲侵攻の際に足を矢で射られて重傷を負った際には、毛利元就自ら岩木道忠の傷口を吸い、足に残った矢尻を取り出して治癒させ、「部下の命を守るのにこれしきのことは当然だ」と言ったというエピソードも残しています。

『吉田物語』には、「元就はいつも餅と酒を用意し、地下人などの身分が低い者達まで声をかけて親しくしており、家来が旬の花や自家製の野菜、魚や鳥などを土産に元就の所へ訪れるとすぐに対面して餅か酒のどちらかを上機嫌で振舞った。」

「家来が持ってきた土産はすぐに料理をさせ、酒が飲めるかそれとも飲めないかと尋ね、もし酒が欲しいですと答えたら、寒い中で川を渡るような行軍の時の酒の効能は言うべきでもないが、普段から酒ほど気晴らしになることはない、とまずは一杯と酒を差し出し、

もし下戸だと答えれば、私も下戸だ。酒を飲むと皆気が短くなり、あることないこと言ってよくない。酒ほど悪いものはない。餅を食べてくれ」と下々に至るまで皆に同じようにあげていた、と記されており、毛利元就の気さくな一面が伺えます。

毛利元就の名言・エピソード

毛利元就の名言やエピソードについて解説します。

三子教訓状

毛利元就が残した名言といえば、

「この矢一本なれば、最も折りやすし。しかれども一つに束ぬれば、折り難し。汝ら、これに鑑みて、一和同心すべし。必ずそむくなかれ。」と三兄弟の結束を高めさせた『三子教訓状』が有名です。

家督を継いでいた毛利隆元は、他の2人の弟達と比べて自分は劣っていると自負しており、弟達も養子に入った家のことばかりで、毛利宗家のことは二の次に考えることが多くなっていました。

この言葉を受けて兄弟達は結束を強め、毛利隆元が死去しその子・毛利輝元が若くして当主となった後も、吉川元春・小早川隆景が「毛利両川」と評される盤石なサポート体制を敷き、毛利元就の築いた繁栄を存続させていきました。

毛利元就が若い頃に討ち取った異母弟・相合元綱とは非常に仲が良く、その死を深く悼んでいました。

兄弟間での対立が家内に大きな混乱をもたらすことを身をもって体感していた毛利元就は、この悲劇を繰り返させないため、長男・毛利隆元を立て、兄弟間で争いが起きないようにさせたとも言われます。

毛利家御家訓

毛利元就や嫡男・毛利隆元が発した言葉は、『毛利家御家訓』として残り、宗家運営の規範とされました。

「我が毛利家は、版図の保全のみを願い、天下を望むなかれ 。

天下を支配する者は如何に栄耀栄華を誇っても、何代かのちには一門の枝折れ、株絶えて、末代の子孫まで続くことは無い。

天下に旗を翻して武名を一世に挙げるよりは、むしろ六十余州を五つに分けてその一つを保ち、栄華を子々孫々まで残せ。」

という毛利元就の言葉に基づく家訓は有名であり、この言葉通り、毛利家は毛利元就を始祖として、やがて長州藩として明治維新を迎えるまで有力大名として存続し続けました。

フィクションにおける毛利元就

フィクションにおける毛利元就を解説します。

ドラマにおける毛利元就

1997年の大河ドラマ『毛利元就』では、その主人公として登場します。少年時代を歌手の森田剛さん、その後を歌舞伎役者・俳優の中村橋之助さんが演じました。

両親をなくして不良少年だったところを、杉大方の養育により改心して真面目な青年となり、様々な苦難を乗り越えて知勇兼備の武将となっていく過程が描かれました。

長ずるにつれて天下への野望はなくなっていき、愚痴が多く「ボヤキの元就」とあだ名されることもありました。

信長の野望における毛利元就

シリーズによっても異なりますが、毛利元就のステータスは統率92、武勇69、知略105、政治98となっています。「謀神」の渾名の通り、知略で105という高数値を誇ります。

息子の吉川元春や小早川隆景も非常に高い数値を有しており、このゲーム内でも毛利氏一族は高く評価されています。

戦国きっての策略家毛利元就は温かみも持ち合わせた名将だった

毛利元就といえば、策略によって歴戦を制してきた「策略家」のイメージが強く、その経歴をみても、多くの戦いで調略や事前工作、奇襲を用いて巧妙に勝利を導いています。特に厳島の戦いでの水軍を用いた奇襲は「日本三大奇戦」として有名です。

若年期は家中の混乱を経験し、城を追い出されたり、異母弟と戦う苦境も味わった毛利元就でしたが、一介の国人領主に過ぎなかった毛利氏を、8か国を治める有力大名にまで成長させた毛利元就の智才と武勇は、戦国の歴史の中でも群を抜いていると言えます。

そしてそのような苦しい時代を経験していたからこそ、妻を愛し、家臣を思いやる温かみを持ち合わせた魅力的な武将となり、中国の支配者として周りの国人達からも認められる人物になったのかもしれません。

その才覚は子供達にも受け継がれ、毛利元就の残した『毛利家御家訓』に従って毛利宗家が運営されていき、その後の中国征伐や関ヶ原の戦いを乗り越え、長州藩へと続く有力大名としての地位を確実なものとしました。

このような毛利家の繁栄の基礎を築いた毛利元就の功績は、非常に高いものとして大いに評価することができるでしょう。