京極高次は浅井三姉妹・初を正妻とした武将!妻と姉のお陰で出世した?

京極高次は室町幕府の名門、京極家の出身であり、浅井三姉妹の一人・初の夫として有名です。女性の力で出世した大名と評価されることも多いですが、初代若狭小浜藩藩主として、京極氏の復権の基礎を築き上げた人物でもあります。

この記事では京極高次の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。京極高次がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける京極高次など、様々な視点から解説していきます。

京極高次の基本情報

京極高次(きょうごくたかつぐ)は近江国出身で、戦国時代から江戸時代初期を生きた武将です。

はじめ織田信長に仕えたのち、豊臣秀吉・豊臣秀忠に主君を変え、関ヶ原の戦い前後から死去するまで徳川家康に仕えました。

京極高次の人生(年表付き)

できごと

名門京極家に生まれる

1563年、室町幕府の”三管四職”の一つである名門・京極家の長男として誕生します。しかし、この頃には既に京極家は衰退しており、家臣であった浅井家がその実権を掌握していました。

父の京極高吉は15代将軍・足利義昭に仕えていましたが、1568年に足利義昭を見限って織田信長に臣従し、上平寺へと隠居します。その際、6歳であった京極高次が、人質として美濃国・岐阜城へと送られ、そこで幼少時代を過ごすこととなりました。

1573年7月、槇島城で籠城していた足利義昭を攻撃する織田信長に父と共に従って出陣し、5千石を与えられました。同年9月には、小谷城の戦いで京極家を牛耳っていた浅井氏が滅亡しています。

その後も、織田家家臣として1581年の第二次天正伊賀の乱などにも出陣した京極高次でしたが、1582年、本能寺の変が勃発し、事態が急変します。

京極高次の姉(妹とも言われる)・京極龍子は若狭国守護で明智光秀に味方していた武田元明に嫁いでおり、その関係で京極高次も明智軍に加わり、佐和山城や長浜城を攻撃します。

しかし、山崎の戦いで明智光秀が破れると、武田元明は処刑され、京極高次も美濃・若狭へと敗走します。一時は柴田勝家に匿われ、賤ヶ岳の戦いでは柴田軍として豊臣秀吉と戦いました。

豊臣秀吉への臣従

1584年、姉・京極龍子の嘆願により豊臣秀吉に許され、近江国高島郡2千5百石を与えられてその配下に入ります。

対島津氏の九州攻め、対北条氏の小田原攻めと参加してそれぞれで武功を挙げ、ついに近江・八幡山城主に就任、2万8千石の大名となります。

さらに1595年には近江・大津城主となり6万石へと加増され、豊臣姓を下賜されるなど、豊臣秀吉の下で順調な出世を果たすのでした。

大津城の戦い

1598年に豊臣秀吉が死去し、徳川家康と石田三成の対立が表面化してくると、京極高次はその両者から味方に加わるよう声をかけられます。

1600年6月、徳川家康から上杉征伐に参加を求められた京極高次は、弟・京極高知らを派遣しており、徳川方に着いたような姿勢をとります。

一方、7月に石田三成が挙兵すると、西軍に加わるよう求められます。妹婿の朽木宣綱、氏家行広は西軍に加わったため、彼らの説得もあり、長男の京極忠高を人質として大阪城に送ります。この時点で石田方に着いたように見えました。

しかし、この間も徳川家康から西軍から大津城を死守するようにと命令されていました。大津城は、関東方面から京都・大阪に向かう中間地点という重要な位置にあり、その割には規模は小さく兵数も多くはありませんでした。

この城を死守できるか不安があった京極高次は、保険のために嫡男を人質に差し出して石田方と見せかけつつ、西軍の動きを逐一東軍方に知らせていました。

1600年9月、西軍東軍どちらにも寄与しているような態度を取っていた京極高次ですが、石田三成へ反旗を翻し、大津城での籠城を開始します。

これを受け、石田三成は毛利元康や立花宗茂らの主力とも言える軍隊を大津城へ向かわせます。こうして9月7日、「関ヶ原の前哨戦」と呼ばれる大津城の戦いが始まりました。

京極高次は、夜襲をしかけるなど奮闘しましたが、西軍が1万5千以上の兵力であったのに対し、東軍は3千程の圧倒的不利であり、苦戦を強いられます。

14日には和平の使者が送られますが、京極高次はこれを拒否し、結局15日(14日深夜)に豊臣秀吉の正妻・北政所の使者による説得を受け、ついに大津城を明け渡します。その日の朝には園城寺にて出家し、高野山に入りました。

大津城の戦いは、結果としては西軍の大勝利に終わっているのですが、この戦いがあったことにより毛利元康と立花宗茂は関ヶ原に参陣することが出来ませんでした。彼らを足止めさせたという意味では、大変な功績があったと言えるのです。

関ヶ原の戦い後

高野山に入っていた京極高次はここで大津城の戦いで討死した家臣の供養塔を建てるなどして、その菩提を葬いながら過ごします。

そこに徳川家康家臣の井伊直政や山岡景友、弟の京極高知らの使者が遣わされ、再三の説得の結果ついに下山し、徳川家康と面会します。

徳川家康は大津城の戦いを大きく評価し、京極高次に若狭一国8万5千石を与えました。若狭国はかつて全盛期にあった京極家が治めていたこともあり、再びこの土地を取り戻すこととなりました。更に翌年には近江高島郡の内7千石程が加増され、9万2千石の大名となります。

この地に小浜城を建築中の1609年5月、病によって死去します。47歳でした。

京極高次の人柄・人物像

京極高次の人柄や人物像について説明します。

「蛍大名」と渾名される

京極高次は、特に豊臣秀吉の治世下において目覚ましい出世を遂げており、それを妬んだ周囲の人々から、「(才能もないのに)女性の力で出世した”蛍大名”だ」と不名誉な渾名を付けられました。

ここにおける女性とは、姉の京極龍子、そして正室の初を指します。

京極高次の姉・京極龍子は、元夫・武田元明が山崎の戦いで処刑された後豊臣秀吉に捕らえられていた所を、その美貌を見初められて側室となっています。

そして彼女のとりなしによって、京極高次は明智光秀に味方したにも関わらず許されて、石高を与えられました。

1587年には浅井三姉妹の一人・初と結婚しますが、初を通じてその姉・淀殿、そして彼女を通じて豊臣秀吉への口添えがあったからこそ、1万を超える大名へと出世したのだと囁かれました。

徳川家康からの評価

関ヶ原の戦いの後、徳川家康は京極高次を高く評価しており、石高を加増した上に、彼を信頼して小浜の整備を命じています。

「殊に生鮭到来祝着之至に候、将又其国之儀雖小国候、爰元手寄に候間、先進上候處、御気に入御有付之由承候、左様候得者、弥令満足候、猶井伊兵部少輔可申候、恐々謹言」

と記された徳川家康からの書状も残っており、京極高次に対する信頼と評価が非常に高かったことが伺えます。

京極高次の名言・エピソード

京極高次の名言やエピソードについて解説します。

正妻・お初との関係

妻の初とはいとこ同士であり、豊臣秀吉の仲介による政略結婚でした。2人の間には子供は出来ませんでしたが、側室との間には嫡男・京極忠高が生まれました。

嫉妬にかられた初は赤子であった京極忠高を殺そうとし、彼は彼女の怒りがおさまるまで家臣の磯野信高に預けられることになりました。2年後には呼び戻して初の養子とし、以降は仲睦まじく暮らしたと言われています。

また、初は、京極高次の母・京極マリアの勧めで1601年頃にキリスト教に改宗しています。その後初や弟の勧めで、京極高次も39歳頃に洗礼を受けています。

このように、2人は恋愛結婚ではなかったものの、夫婦仲や一族の仲はとても円満であったと想定出来ます。

小浜城の建築

関ヶ原の戦いの後に京極高次が封じられた若狭国小浜市は、かつては安芸武田氏により公家文化が花開いた賑やかな街でしたが、織田・豊臣時代は越前国朝倉氏の攻撃により衰退していました。

京極高次は、晩年をこの地の整備に費やしています。関ヶ原の戦いの後最初に入った若狭国・後瀬山城は手狭であったため、新たに二条城を模した小浜城の建築を開始します。

かつての武家屋敷を町家として路を整備し、新たな街区を設けるなどして、小浜は城下町として整えられていき、かつての賑わいを取り戻したのでした。

フィクションにおける京極高次

フィクションにおける京極高次を解説します。

信長の野望における京極高次

シリーズによっても異なりますが、京極高次のステータスは、統率43、武勇38、知略53、政治52となっています。やはり「蛍大名」のイメージが強いのか、全体的に低い数値となっています。

ドラマにおける京極高次

浅井三姉妹が登場するドラマには、初の夫として2人が一緒の場面で登場することが多いです。

2011年の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』では、俳優の斎藤工さんが演じました。ここでも、「姉(京極龍子)を側室に差し出して出世した」という風評から「ダメ男」と酷評される様子が描かれています。

京極高次の「七光りで出世した武将」という評価は不当だった

京極高次にとって、確かに美貌の姉・京極龍子や、豊臣家と強い繋がりを持つ正妻・初と言った、有力武将との繋がりを持つ女性に恵まれたことは、大変幸運なことでした。

しかし、豊臣政権下では九州征伐・小田原征伐と確かに武功をあげており、また関ヶ原の戦いに際しては、西軍についたように思わせながら東軍に寄与する先見の明を有しており、単に女性の七光りだけによる出世ではなく、彼の実力による賜物であると言えるでしょう。

かつての名門・京極家を再興させた彼の功績があったからこそ、以降京極家は明治時代まで続く有力大名へと成長することになるのです。