近衛前久は織田信長の盟友で破天荒な関白!足利義昭や豊臣秀吉とは敵対?

近衛前久は戦国時代から江戸時代初期までを生きた公家であり、上杉謙信や織田信長らと交流し、武将と見間違える程の、公家としては異例の凄まじい行動力を発揮した人物です。

この記事では近衛前久の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。近衛前久がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ドラマにおける近衛前久など、様々な視点から解説していきます。

近衛前久の基本情報

近衛前久(このえさきひさ)は、山城国出身の戦国時代から江戸時代初期までを生きた公家です。

後奈良天皇・正親町天皇・後陽成天皇の3代に渡って仕え、関白などの高位を歴任しました。

近衛前久の人生(年表付き)

できごと

順調な出世

1536年、五摂家の一つでその筆頭である近衛家の長男として生まれました。4歳の時に元服し、室町幕府12代将軍・足利義晴から偏諱を受けて晴嗣を名乗り、翌年には従三位に叙せられ公卿に列しました。

その後も、1547年に内大臣、1553年に右大臣、そして1554年には19歳の若さで関白左大臣に就任と、順調に出世していきます。藤原氏の氏長者となった近衛前久は1555年には従一位に昇進し、この時足利義晴から授けられた「晴」の字を捨て「前嗣」と改名しています。朝廷を蔑ろにする室町幕府には、信頼を持っていなかったことがわかります。

上杉謙信との盟約

1590年、上杉謙信が13代将軍・足利義輝が避難先から戻ったことを祝賀するために上洛してきます。しかし、その真の目的は、将軍に関東管領就任を認めてもらうためでした。関白として将軍との交渉を行なっていた近衛前久は、ここで上杉謙信との親交を深めます。

当時、近衛前久は朝廷の無力さを嘆いており、上杉謙信の関東進出を支援し東国を治めさせ、後に各地にある朝廷領や公家領を、ひいては畿内全体を彼に保護してもらおうと考えるようになります。1590年には起請文を交わして盟約を結び、ついに1560年、関白という重職につきながら越後国へと下向します。

しかし、1562年までの2年の間、上杉謙信の関東侵攻を進めるために活動したものの、結局小田原城を落とすことは出来ず、武田・北条の協力で関東侵攻が立ちいかなくなると、落胆した近衛前久は上杉謙信の制止を振り払って帰洛します。

京都へ戻った近衛前久でしたが、1565年、将軍足利義輝が三好三人衆らによって殺害される大事件が勃発します。(永禄の変)

主犯者である三好三人衆は、罪を逃れようと近衛前久に頼ってきました。時勢上逆らう力もなく、また足利義輝の正室である近衛前久の実姉を保護したことを評価して、彼らを保護します。加えて、次の将軍を足利義栄にしようという彼らの考えも支持しました。

しかし、1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛すると、足利義輝の弟であった足利義昭は、「犯人である三好三人衆を匿うなんて、兄の殺害に近衛前久が関与しているに違いない」と追求し、ついに朝廷を追放されます。

織田信長との交流

追放された近衛前久は、はじめ丹波国の赤井直正を、その後石山本願寺の顕如を頼り、関白を解任されます。

しかし、織田信長と足利義昭の関係が悪化し始めると、先を見越した近衛前久は、1572年に本願寺を離脱し、織田信長に接近します。そして間も無く織田信長が足利義昭を追放して室町幕府が滅亡すると、1575年、織田信長が正親町天皇に近衛前久の赦免を奏上し、帰洛を果たします。

織田信長にその人脈と交渉力を買われた近衛前久は、まず九州への工作を依頼されます。中国地方の毛利輝元を倒すために、九州の島津氏・大友氏と協力して挟み撃ちにするため、彼らとの和議を図ったのでした。

さらに、1577年には、長期化していた石山本願寺との和平交渉を命じられます。本願寺住職の顕如が退去することを条件に、籠城勢の命は保証するという内容で厳しい折衝が行われた結果、1580年についに和平が成立します。これに対して織田信長は大いに喜び、「(近衛前久に対して)天下平定の暁には一国を献上する」と賞賛しています。

本能寺の変後

しかし、1582年に本能寺の変が発生し織田信長が倒れると、近衛前久を取り巻く状況も大きく変化してしまいます。

本能寺の変が勃発した時、織田信長の嫡男・織田信忠が居た二条御所は、近衛前久の屋敷から銃弾が打ち込まれたと証言され、これを豊臣秀吉に追求されます。近衛前久は、徳川家康を頼り、やむなく遠江国浜松へと下向します。

1583年に許され帰洛しますが、豊臣秀吉は自らの関白就任を要請してきます。当初、「五摂家以外は関白になれないのがしきたり」と拒否しますが、「まずはあなたの養子となる。暫くしたら関白職はお返しすると約束する。」と迫り、ついにこれを受け入れてしまいます。

豊臣秀吉は後にこの約束を反故にし、豊臣家で代々関白職を継承する姿勢をとり、近衛前久は失意に暮れました。

1587年には銀閣寺で知られる慈照寺東求堂を別荘として隠棲します。草津温泉に湯治に出向くなど穏やかな晩年を過ごし、1612年に77歳で死去します。

近衛前久の人柄・人物像

近衛前久の人柄や人物像について説明します。

公家らしからぬ度胸の持ち主

近衛前久は、越後国に下向中の1561年、北条氏征伐のために出発した上杉謙信に従い、自らも険しい三国峠(新潟県と群馬県の堺)を越えて上野や下総に赴き、上杉謙信の関東侵攻を支援します。その後、2年間も対北条氏戦の前線地帯である古河城に滞在し、北条氏を牽制するとともに情勢を逐次報告するなどの大きな役割を演じています。

この頃、名を前嗣から前久へと改め、また花押を公家様式から武家様式へと変えており、近衛前久の覚悟・決心の強さや、ある種の武士への憧れのようなものが感じられます。

1582年3月には、織田信長の甲州征伐にも同行しており、このような数々の行動から見て、死をも恐れない肝の据わった人物であったことがわかります。

文化人としての活躍

公家らしからぬ行動力を発揮した近衛前久ですが、藤氏長者らしく、雅やかで教養人の一面も持ち合わせていました。

織田信長と共通の趣味であった鷹狩りにおいては、『龍山公鷹百首』という鷹狩りの専門的な解説書を兼ねた歌集も執筆しています。歌道・書道・連歌にも優れ、有職故実にも通じており、その地方遍歴を通じて、都の文化を地方に普及させました。

薩摩国の島津義久にも和歌の古今伝授を行なっており、織田信長の支持で九州工作を行なったときもこれが活き、島津氏に歓迎されています。

「むすふてふ この谷かけの出湯こそ むへも老せぬ 薬なりけれ」(草津温泉に湯治に赴いた際に詠んだ歌)などの歌が残って居ます。

近衛前久の名言・エピソード

近衛前久の名言やエピソードについて解説します。

石山本願寺との交流

足利義昭によって京都を追放された近衛前久は、石山本願寺に身を寄せ、法主・顕如との親交を深めます。

顕如は、守護不介入の権利を得て本願寺の自衛を続けるために、門跡寺院(親王か五摂家出身者が住職を務める寺のこと)になりたいという思惑がありました。近衛前久はこの思惑を汲み取り、顕如の子・教如を猶子とするなどして、信頼関係を築き上げました。

こうして顕如からの強い信頼を得ていた近衛前久だからこそ、約11年間続いた石山戦争を終結させることが出来たと言えます。

信長追悼歌

織田信長と近衛前久は、鷹狩りを共通の趣味としていたこともあり意気投合し、織田信長の天下統一のために様々な活躍をしました。

その織田信長が本能寺の変で死去した際、近衛前久は悲しみのあまり出家し、龍山と名乗っています。

17回忌の時には、彼を悼んで以下の歌を詠んでいます。(それぞれの頭文字をとると、「なむあみだぶ(南無阿弥陀仏)」となるようになっています。)近衛前久がいかに情深い人物であったかが伺えます。

なけきても 名残つきせぬ なみた哉 猶したはるゝ なきかおもかけ
むつましき むかしの人や むかふらむ むなしき空の むらさきの雲

あたし世の あはれおもへは 明くれに あめかなみたか あまるころもて
みても猶 みまくほしきは みのこして みねにかくるゝ みしかよの月

たつねても たまのありかは 玉ゆらも たもとの露に たれかやとさむ
ふくるよの ふしとあれつゝ ふく風に ふたゝひみえぬ ふるあとの夢

息子・近衛信尹も父と似て破天荒だった

幼い頃から父と行動を共にした近衛信尹も、その性格を受け継いで育ち、強い行動力を発揮しています。1592年の朝鮮の役では、後陽成天皇の制止も聞かずに、朝鮮に出兵するために名古屋城に赴いたため、3年間薩摩国坊津へ配流されています。

1605年、近衛信尹は関白に就任しており、父・近衛前久はこれを非常に喜びました。さらに後陽成天皇の女御となっていた近衛前子が産んだ皇子が1611年に後水尾天皇として即位しています。近衛前久は晩年にこうした幸運に恵まれ、穏やかな最期を迎えることが出来ました。

フィクションにおける近衛前久

フィクションにおける近衛前久を解説します。

ドラマにおける近衛前久

近衛前久は、2007年『敵は本能寺にあり』(演:柄本明)、2016年『信長燃ゆ』(演:寺尾聰)などに登場しており、『信長燃ゆ』では、朝廷を守るためにあえて織田信長に近づき、強い憧憬とともに嫉妬を抱き、本能寺の変の黒幕となった人物として描かれています。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では、俳優の本郷奏多さんが演じます。制作統括の落合将チーフプロデューサーは、「近衛前久というのは、とても政治力の高い公家で、関白という天皇の側近の偉い貴族。」と語っています。

近衛前久は公家のイメージとはかけ離れた、行動力溢れる流転の関白

近衛前久は、武士の勢力拡大に伴う朝廷の無力化を見過ごさず、激動の時代において自ら行動を起こして時代を変えようとした公家でした。関白という高位につきながら、越後国、丹波国、九州などへと流転の日々を過ごした生涯は、前代未聞のことで、伝統としきたりを重んじる藤原家の人間たちは、頭を悩ませたかもしれません。

しかし近衛前久が流転の日々を過ごしたことにより、石山戦争の終結や、文化の地方普及と言った大きな成果がもたらされており、これらの彼の功績は、非常に高く評価することができるでしょう。