柿崎景家は上杉謙信に仕えた猛将!最期は馬をきっかけに非業の死を遂げた?

柿崎景家は生涯に渡るその勇猛果敢な戦いぶりが有名で、特に川中島の戦いでの活躍が語り草となっている武将です。「越後の二天」「上杉家四天王」にも数えられ、主君・上杉謙信の活躍に大いに貢献しました。

この記事では柿崎景家の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。柿崎景家がどのような人物であったか、どのようなエピソードを残しているのか、ゲームやドラマにおける柿崎景家など、様々な視点から解説していきます。

柿崎景家の基本情報

柿崎景家(かきざきかげいえ)は越後国出身で戦国時代から安土桃山時代を生きた武将です。

始め長尾景虎(上杉謙信)の実父長尾為景に仕え、その死後は息子長尾晴景・長尾景虎と代々長尾家に仕えました。

柿崎景家の人生(年表付き)

できごと

上杉謙信が家督を継ぐまで

柿崎氏は、越後国の国人で、南北朝の動乱の後に居館を構えて越後守護代の上杉氏に仕え、転じてその家臣であった長尾家に仕えるようになった一族です。1513年に誕生した柿崎景家も、長尾家当主・長尾為景に仕え始めます。

1536年、越後国守護・上条定憲が、勢力を増長させる守護代・長尾為景を退けようとして三分一原の戦いを起こし、柿崎景家は上条軍として参戦します。当初は上条軍が優勢であった所、柿崎景家が突如これを裏切り長尾軍に寝返ったことで状況が一変し、最終的に長尾為景が勝利します。

しかし長尾為景方も多くの犠牲者を出し、戦いに勝利したと言っても辛勝であったため、以降は勢力を減退させ、家督を長尾晴景に譲り隠居してしまいます。なぜ柿崎景家が寝返ったかは分かっていませんが、この戦いの功労賞として所領を安堵され、五十公城を賜ったとされています。

1540年、越後守護の上杉定実は、子供ができなかったために縁戚である伊達氏より養子を迎えようと考えます。

しかし、伊達氏の介入を嫌った長尾晴景がこれに反対し、家臣達の中でも養子の可否について意見が別れたことで、越後国の情勢が不穏になっていきます。(天文の乱)

この時柿崎景家は上杉定実の養子を迎えるための使者に任命され、伊達家に赴いていますが、結局養子縁組は中止となります。

1545年には舅の黒田秀忠が謀反を起こしさらに越後国が混乱に陥りますが、長尾晴景の弟・長尾景虎がこれを治めます。柿崎景家は黒田秀忠から協力を要請されていましたが、妻と離縁しいち早く長尾景虎の元に馳せ参じたと言われています。

この頃から、元々人望のなかった長尾晴景に変わり、黒田秀忠の反乱を治め名声を高めていた長尾景虎を当主にという声が強まり、柿崎景家も長尾景虎支援の立場を取ります。こうして1548年、ついに長尾晴景がわずか36歳で隠居し、19歳の長尾景虎が当主となります。

柿崎景家は、1558年に本城である春日山城の居留守役に任命され、1559年には奉公衆の一員となっています。そして長尾景虎が関東管領に就任した際には、その就任式において太刀を献上するなど、極めて良好な関係を構築していきます。

川中島の戦い

1553年から武田信玄との間に川中島の戦いが始まると、柿崎景家も参戦し奮闘します。特に、最も激しい戦いが繰り広げられた1561年の第4次川中島の戦いにおいて、一騎当千の活躍をします。

上杉氏本隊は川中島を見渡せる妻女山に陣を引いていたものの、そこを武田軍が急襲するという情報を察知します。そこで、急襲をうける前に下山し、攻撃をしかけようとする武田軍の背後から襲いかかりました。そしてこの先鋒を勤めたのが、柿崎景家だったのです。

そして武田信玄の弟・武田信繁と、軍師・山本勘助を討取ります。この戦いは死闘の末引き分けに終わりますが、この時に柿崎景家の猛将ぶりが轟き、その名を聞くだけで逃げ出す者が出ると言われるほどになります。

その後も、第5次川中島の戦いのほか、上野侵攻、対北条氏の関東侵攻など、上杉軍の戦いの多くにおいて先鋒を勤め、300騎の大将として重用されます。

外交・内政官としての活躍

1568年、武田信玄が甲相駿三国同盟を破って駿河国に侵攻するようになると、北条氏康は長年敵対してきた長尾景虎との和睦を探るようになります。こうして翌1569年6月、越相同盟が締結されます。

その際、柿崎景家は息子・柿崎晴家を上杉家の人質として小田原城に送っています。当初北条氏側からは柿崎景家本人が人質となるよう要求されていたと言います。

そのほか、越後国内で発給される内政文書にも幾度も名を連ねており、上杉領内の諸役免除などの重要な施策にも携わっています。また外交使節の接待なども担当していることから、武人の域にとどまらず文官としても大いに活躍していたことが分かっています。

しかし1574年以降、柿崎景家の名前はどの記録にも出なくなり、この時期に死去したと思われます。

病死であったとも、上杉謙信により誅殺されたとも言われています。

柿崎景家の人柄・人物像

柿崎景家の人柄や人物像について説明します。

上杉謙信による評価

主君である上杉謙信からは、「和泉守(=柿崎景家)に分別があれば、越後七郡に敵う者があろうか」と評価されています。思慮深さには欠けると評価していますが、その勇猛果敢さは匹敵する者がいないと、柿崎景家の猛将ぶりを賞賛しています。

後世の軍記物における柿崎景家

「向かうところ鉄をも通すべしと存ずるほどの者に候」(『北越太平記』)

「毎戦に強きを破り、堅きをくだくの功、倫少なき猛将なり」(『北越難記』)

「柿崎和泉守景家大剛の将にて武功番数一番」(『謙信記』)

また第4次川中島の戦いでの活躍も武田家の『甲陽軍艦』に記されたものであり、後世、また他国においても柿崎景家の武勇が高く評価されていたことがわかります。

柿崎景家の名言・エピソード

柿崎景家の名言やエピソードについて解説します。

上杉謙信が生涯独身だったのは柿崎景家のせい?

上杉謙信の上野侵攻の際、上野国平井城主であった千葉采女が、上杉の傘下に入ろうと考え、人質として娘の伊勢姫を差し出します。伊勢姫の美しさに魅せられた上杉謙信は、彼女を正妻、もしくは側室として置こうと考えます。

これに対し、柿崎景家は「降将の娘を娶るは傾国の元」と忠告して強く反対したことから、これを断念します。その後、伊勢姫は上杉謙信と結ばれない運命を悲しみ青龍寺に出家し、程なく没します。(自害したとも)伊勢姫の死を知った上杉謙信は食が喉を通らないほど悲しみ、以降妻を娶らなかったのはこの伊勢姫を忘れられなかったからだという伝承があります。

織田信長との内通

柿崎景家の死没については諸説ありますが、有力説として「織田信長に内通したとされ、上杉謙信に誅殺された」とするものがあります。

その説によると、1575年、上杉家300騎を預かっていた柿崎景家は、不必要な馬の処分をしようと京都へと馬を売り出しに行きます。これを聞きつけた織田信長がその馬を高値で買い取り、お礼の手紙と着物を柿崎景家に送り届けました。

このやりとりについて、柿崎景家が上杉謙信に報告しなかったため、これが織田信長との内通と判断され、死を命じられます。死に臨んだ柿崎景家は、「このような謀事にやすやす乗せられるようでは、先は望めない」と言い残し、切腹したとされます。

フィクションにおける柿崎景家

フィクションにおける柿崎景家を解説します。

信長の野望における柿崎景家

シリーズによっても異なりますが、柿崎景家のステータスは、統率90、武勇95、知略12、政治64となっています。武勇95という高い数値は、彼が生涯を戦に捧げた猛将であったイメージが大きく反映されている一方、知略は12と低く、内政官としても活躍していた事実は反映されていないようです。

ドラマにおける柿崎景家

1969年の大河ドラマで上杉謙信を主人公とする『天と地と』では、俳優の藤木悠さんが演じ、長尾家きっての猛将で、武勇に優れるが好色であった人物として描かれました。

2007年の大河ドラマ武田信玄の軍師・山本勘助を主人公とする『風林火山』でも登場し、俳優の金田賢一さんが演じています。血気盛んな性格で、数々の戦場で先鋒を務めた武将として描かれています。

柿崎景家は戦功を立てただけでなく、文官としても上杉謙信を支えた名将

柿崎景家は、川中島の戦いにおける勇猛果敢な戦いぶりと、強力な上杉謙信軍において数多く先鋒を務めた実績から、後世の多くの軍記物においても猛将としてその名が語られ、生粋の武人であるイメージが先行しています。しかし、実際は外交・内政の面でも活躍した武勇と知勇を持ち合わせた武将でした。

彼の活躍なしでは、ここまで上杉謙信が名を残すことも出来なかったかもしれません。上杉謙信が春日山城で亡くなった際には、「夜な夜な無実を訴える柿崎景家の亡霊に苦しめられて死んだ」とまことしやかに囁かれたとも言われ、周囲の人々がその死を大いに哀れんだことがわかります。