足利義輝は剣豪としても名を馳せた将軍!永禄の変で迎えた悲劇的な最後

足利義輝は室町幕府第13代将軍です。「剣豪将軍」の渾名もあり、権力を失い衰退の一途を辿る後期の足利将軍家を立て直そうと奮闘した人物です。

この記事では足利義輝の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。足利義輝がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける足利義輝など、様々な視点から解説していきます。

足利義輝の基本情報

足利義輝(あしかがよしてる)は山城国出身で、室町時代後期から戦国時代を生きた将軍です。

足利将軍家に生まれて征夷大将軍に任じられ、室町幕府第13代将軍となりますが、幼い頃は父と共に京都を終われるなど苦境の日々を過ごしました。

足利義輝の人生

できごと

細川晴元との対立

足利義輝は、1536年、室町幕府第12代将軍・足利義晴の嫡男として誕生します。

1526年に発生した管領・細川家の内紛(足利義晴を支えた細川高国と、細川晴元との対立)以降、足利義晴は京都を離れて近江に逃れており、その後も京都に戻ったと思うと、再び戦乱に巻き込まれて朽木に逃げるなど、将軍とは思えぬほどの苦境の時代を迎えていました。

足利義輝が誕生した時も、足利義晴と細川晴元の対立は続いており、父に従って足利義輝も京都と逃亡先の近江坂本や朽木を往復する少年時代を過ごしました。

1546年、11歳の足利義輝は六角定頼を烏帽子親として元服しますが、その場所も逃亡先の近江坂本の日吉神社でありました。そして元服の翌日、将軍宣下の儀式が行われ、足利義晴から将軍を譲られ第13代将軍に就任します。

室町将軍家においては、烏帽子親は管領が務めるのが慣例となっていましたが、この時管領であった細川晴元は足利義晴と対立していたため、その代わりとして六角定頼が烏帽子親を務める形となり、足利義輝の元服により両者の対立はより浮き彫りとなりました。

1547年、将軍に就任した足利義輝は後奈良天皇に拝謁するために父と共に一時京都に赴きますが、間も無く細川晴元に追われます。しかし、1548年に足利義晴と細川晴元が和睦を果たしたため、足利義輝もやっと京都に戻ることとなったのでした。

三好氏の台頭・相国寺の戦いまで

1549年、細川晴元とその重臣で勢力を拡大させていた三好長慶が、細川晴元の信任を受けていた三好政長の処遇を巡って対立すると、足利義晴は細川晴元に協力します。

三好長慶は主君・細川晴元を裏切って細川晴元と対立していた細川氏綱(細川高国の養子)へと寝返り、江口の戦いとなります。

この戦いで細川晴元が三好長慶に破れると、協力していた足利義晴・足利義輝父子も再び近江坂本へと逃れることとなりました。将軍・管領を失った京都では、三好長慶がその実権を掌握し政治の中心を担いました。

足利義晴は京都奪回のために銀閣寺の裏手に中尾城の築城を開始しますが、逃亡先の近江にて病死してしまいます。残された足利義輝は、父の意志を受け継ぎ、反三好氏の姿勢を崩すことはしませんでした。

こうして中尾城の戦いとなりますが、苦戦続きで近江琵琶湖周辺への攻撃を受け、孤立を恐れた足利義輝は中尾城を自焼して近江へと退却します。

戦いの後、益々権威を高めた三好長慶に対し、真っ向から対立するのは不利であると考えた足利義輝は、2度に渡り三好長慶の暗殺を試みますが、どちらも失敗に終わります。

暗殺事件により京都には一触即発の不穏な空気が漂い、1551年、ついに三好長慶が相国寺に布陣して、相国寺の戦いとなります。

この戦いでは4万という大軍を率いた三好軍が勝利し、これにより足利義輝・細川晴元の武力による帰京の道は閉ざされました。足利義輝を後援していた六角定頼・六角義賢父子の和睦交渉により、1552年に足利義輝の帰京が実現しますが、細川晴元は和睦を拒みました。

三好長慶との戦いが収束する

1553年、敗走していた細川晴元の元に三好長慶排除を目論む幕臣達が集まり、足利義輝もこれに同調して和睦を破棄、東山霊山城の戦いとなります。足利義輝はこの戦いでも敗北し、近江朽木へと逃れました。

以降、5年の歳月を同地で過ごすこととなり、1558年に正親町天皇が即位して「永禄」へと改元された時も、朽木にいた足利義輝はこれを知らされず、朝廷に抗議する事態となりました。

こうして同年、足利義輝は六角義賢の支援を受けて朽木で挙兵し、京都奪還を目指します。(北白川の戦い)

戦いの序盤、三好軍の将軍山城を奪うなど優勢にたった足利義輝軍でしたが、戦いが進むにつれて形勢逆転となり、六角義賢により和睦交渉が進められることとなりました。

和睦を結んだ足利義輝は、5年ぶりに帰京することとなり、細川晴元はまたしても和睦を拒んで姿をくらませました。この戦い以降、足利義輝は三好長慶との関係修復に舵をきるようになり、彼を幕府相伴衆に任命するなどしています。

将軍親政を目指して

こうして三好長慶との争いが収束し京都に戻った足利義輝は、足利将軍家復権を目指して尽力し始めます。

その一環として、武田信玄と上杉謙信、毛利元就と尼子晴久など、大名同士の争いの調停を頻繁に行い、各地の戦国大名との修好を取り付けました。

1559年には美濃国の斎藤義龍や、尾張国の織田信長、越後国の上杉謙信が相次いで上洛して足利義輝に謁見しており、相伴衆にも、三好長慶に加え、毛利元就・斎藤義龍・今川氏真・武田信虎らの有力大名を加えて体制を強化しました。

これまで中央の実権を掌握していた三好長慶は、この頃から相次ぐ親族の死去もありその勢力に衰えを見せ始めます。

1562年、三好長慶と手を結び幕政を牛耳っていた政所執事の伊勢貞孝が三好長慶と敵対すると、足利義輝は伊勢貞孝を更迭します。

これを不服とした伊勢貞孝は挙兵しますが、三好長慶によって鎮圧されて討死し、室町幕府初期から続いた伊勢氏による政所支配が終わり、足利義輝は新たに政所執事として摂津晴門を任命し、将軍自身が政所を掌握する体制を目指しました。

1564年に三好長慶が病死すると、足利義輝はこれを機に益々幕府の権威を回復しようと政治活動を積極的に行います。しかし、三好長慶亡き後も政権を担おうと企む三好三人衆や、その家臣松永久秀にとっては、足利義輝のこれらの活動は非常に目障りなものでありました。

彼らは傀儡の将軍として足利義栄(足利義輝の従兄弟)を擁立し、朝廷にも新将軍就任を働きかけるようになります。

足利義輝にとって最大の後援者であった六角義賢は、1563年の六角氏内のお家騒動・観音寺騒動以来、領国の近江を離れられなくなっており、危険を感じた足利義輝は、襲撃に備えて二条御所の四方の堀や土塁を強固にする工事を進めていました。

足利義輝の予見は的中し、1565年5月、三好・松永軍約1万が二条御所に押し寄せ、攻撃を開始、永禄の変となります。

御所に籠る足利義輝の軍勢は数百に過ぎませんでしたが、三好・松永軍に激しく抵抗し、三好方数十人を討ち取りました。しかし、押し迫る大軍の前に主たる奉公衆が次々と討死し、足利義輝もついに殺害されました。30歳でした。

足利義輝の人柄・人物像

足利義輝の人柄や人物像について説明します。

「剣豪将軍」

足利義輝は「剣豪将軍」の渾名を持ちますが、それは彼が「聖剣」と讃えられた塚原卜伝の直弟子であったためです。

2人が出会ったのは、足利義輝の逃亡先であった近江朽木と言われます。弟子としては他に細川幽斎、今川氏真、山本勘助などがいましたが、塚原卜伝は朽木まで足を運び足利義輝に教えを与えたのでした。

足利義輝の優れた剣の才能に気が付いた塚原卜伝は、奥義「一の太刀」を伝授したと言われ、この教えを受けた武将は他に剣術家として知られる北畠具教がいます。

永禄の変

宣教師ルイス・フロイスの著書『日本史』によれば、足利義輝は永禄の変に際して、「自ら薙刀を振るって戦い、人々はその技量の見事さにとても驚いた。

その後はより敵に接近するために薙刀を投げ捨て、刀を抜いて戦った。その奮闘ぶりはさながら勝利を目前にしている者にも劣らなかった」

と記されており、塚原卜伝に奥義を伝授されたほどの足利義輝の剣豪ぶり、勇敢さが見てとれます。

『日本史』を著したルイス・フロイスも、「とても武勇すぐれて、勇気ある人だった」と讃えています。

奮闘の末、足利義輝は殺害されてしまいますが、三好三人衆・松永久秀による主君殺害は世間を憤慨させました。足利義輝に恩義を感じている大名も多く、彼らは特に激しく怒り、上杉輝虎などは、「三好・松永の首を悉く刎ねるべし」と神仏に誓ったほどだったと言います。

河内国畠山氏の重臣・安見宗房も、「前代未聞で是非もないこと。無念の至だ」と怒り、上杉氏の重臣に足利義輝の弔い合戦を提案しています。

足利義輝は朝廷や公家衆とも親しく、彼の死後、朝廷は従一位・左大臣の地位を送り、正親町天皇は政務を3日間停止してその菩提を弔いました。公家の山科言継も「言葉がない。前代未聞の儀なり」と日記に書き記しています。

足利義輝の名言・エピソード

足利義輝の名言やエピソードについて解説します。

上杉謙信との関係

足利義輝は、室町将軍家の復権のために、諸国の大名たちと交流を持ち、争いを仲介するなどしてその信頼関係を構築していましたが、特に越後国・上杉謙信は、室町幕府との関わりを重んじ、両者の間には友好な関係が築かれていました。

1559年に上杉謙信が上洛した際には、足利義輝、関白の近衛前久の3人で密約を結んだと言われ、その内容は関東管領に就任(1561年に任命される)した後、上洛して中央を支配する三好氏らを討伐し、幕府を復興させるというものでした。

上杉謙信はこの密約を果たすために関東出兵を開始する等尽力しており、また足利義輝も、川中島の戦いを仲介したり、彼に「輝」の一時を与えて上杉輝虎の名乗りを許すなど、その信頼関係は大変深いものとなっていました。

永禄の変で足利義輝が殺害されたことを知った上杉謙信は、その死を深く悼んだと言われます。

『言継卿記』に記される庶民から愛された足利義輝

公家・山科言継の日記『言継卿記』には、永禄の変後、三好政権末期の1567年2月に、京都・真如堂で足利義輝を追善する六歳踊(現在の京都六歳念仏踊り)が開催されたと記されています。

ここには、かつて足利義輝が逃亡生活を送った近江坂本などからも多くの人々が集まり、貴賎男女合わせて約7・8万人もの群衆が参加し、山科言継もこれほどの群衆を見たのは初めてだと驚いています。同年10月にも、同じく真如堂にて600人ほどの人々が足利義輝の奉公衆や女房衆に扮した仮装行列を行なっています。

これらの行為は、庶民が足利義輝の人徳と非業の死を悼み、三好政権への不満を示すためのものであるとも考えられており、山科言継も「三好からの報復が怖くないのか」と感想を残しています。

フィクションにおける足利義輝

フィクションにおける足利義輝を解説します。

ドラマにおける足利義輝

足利義輝は、1973年の大河ドラマ『国盗り物語』(演:竹脇無我)や、1992年『信長KING OF ZIPANGU』(演:宮田恭男)などに登場しています。

2020年『麒麟がくる』では、向井理さんが演じており、室町幕府の失権、自らの力の無さを嘆きながらも、何とか中央の混乱を収めようと奮闘する姿が描かれました。

向井理さんは足利義輝を演じるにあたり、

「塚原卜伝(つかはら ぼくでん)から免許皆伝を受けた剣豪将軍としても知られているし、最期も壮絶な散り方をしています。だからといって荒々しいだけの人物ではなく、臆病な面も弱い面もあったはずです。義輝のいろいろな面を表現することで何か見えてくるものがあればいいなと思っています。」

と語っています。

悲劇の将軍・足利義輝は時代に争いながら幕府復権に生涯を捧げた人物だった

誕生したその時から、将軍である父と慣例・細川氏の抗争に巻き込まれその苦難の人生を始めた足利義輝でしたが、わずか11歳で将軍職を譲り受けてから、生涯を足利将軍家の復権に捧げました。

細川氏や三好氏との歴戦を見てみると、そのほとんどで敗北か和睦に終わっており、すでに終末期にあった室町幕府の軍事力では、真っ向から武力対立するのは不利であり、無謀とも言えるものだったと言えるでしょう。

時代は下剋上の嵐が吹き荒れており、もはや室町幕府復権などと言うことは夢のまた夢であったかもしれません。それでもなお、諦めずに戦闘を続け、三好長慶が勢力を陰らせてからは、非常に一時的ではあったものの、将軍親政を実現させました。

足利義輝の勢い、人望があったからこそ三好三人衆や松永久秀が彼を恐れて永禄の変を起こしたのであり、もし足利義輝が凡庸な人物であったならば、当時の人々から「前代未聞」と酷評された永禄の変も発生しなかったと言えるでしょう。

応仁の乱の時の足利義政や、三好氏の傀儡となった足利義栄のような生き方をすれば、足利義輝もその命を長らえさせ穏やかに生きることは十分に可能でありました。それでもそうしなかったのは、足利義輝が勇猛で意志の強い性格であったからなのでしょう。

もし時代が違っていれば、足利義輝は室町幕府の中でも優秀な将軍として、その名をより轟かせていたかもしれません。