尼子経久は尼子氏の礎を気づいた謀将!その逸話や家臣思いの一面とは?

尼子経久は出雲守護代だった尼子氏の礎を築き、後に繁栄する大名としての尼子氏を構築した人物です。その巧みな知略の数々は毛利元就らと共に中国地方の三大謀将と呼ばれました。

この記事では尼子経久の生涯を年表付きで分かりやすく解説していきます。尼子経久がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ドラマやフィクションの世界における尼子経久など、様々な視点から解説していきます。

尼子経久(あまごつねひさ)の基本情報

尼子経久(あまごつねひさ)は、出雲国出身の戦国大名として中国地方を中心として領土を広げ、十一ヶ国太守と称された人物です。

北条早雲と並ぶ下剋上の典型例とも言われた武将で、足利幕府の権力が弱まった時期を見計らい、守護代から一気に大名の地位まで尼子家をのし上げました。

尼子経久の人生

できごと

生誕から尼子家当主まで

尼子経久は1458年、当時出雲国の守護代であった尼子清定の嫡男として誕生します。当時の尼子家の主君は出雲・飛騨・隠岐・近江を守護していた大名・京極政経でした。尼子経久は1474年に京にある京極政経の屋敷に人質に送られ、以後5年間の少年時代を京都で過ごしました。

その後20歳を迎えた尼子経久は1478年に父から家督を継ぎ、尼子家当主となります。しかし尼子経久が当主となった尼子家は、主君であった京極家と対立するように国人衆との結びつきを強め、京極政経の寺社領に押領や税の徴取拒否などを行い、幕府の命令を無視していきました。

その行動がきっかけとなって幕府や守護を敵に回すことになり、1484年に尼子経久は月山富田城を包囲され、守護代の職を追われる形で城から追放されてしまいました。

尼子家の復権と勢力拡大

城から追い出された尼子経久でしたが、1486年には代わりに守護代として治めていた塩治掃部介から月山富田城の奪い返しに成功します。月山富田城に返り咲いた尼子経久は、1488年に出雲の国人であった三沢氏を攻めて攻略します。

1500年には大名であった京極政経がお家騒動で破れる形で下京したことで関係を修復し、一方で尼子経久は対立関係にあった塩治氏や宍道氏と婚姻関係になることで関係を深めていきました。1508年に京極政経が死去すると、跡継である吉童子丸の後見を託されますが、吉童子丸が行方不明となってしまい、その他の国人衆などを味方につけた尼子経久が出雲内の実質的支配者として地位を確立していきました。

1511年以降は勢力拡大を目指し、当時中国地方の大大名であった大内義興や周辺諸国に対して度々侵攻に打って出ます。1520年には出雲国西部の支配化を確立後、1521年には石見、安芸国へ侵攻し、傘下の毛利氏の活躍により大内氏の居城を落とすことに成功します。また1524年には西伯耆にも攻め入り、南条宗勝や守護であった山名澄之を破って一晩で西伯耆を手中に収め、尼子家の領土を拡大しました。

大内氏との戦いから晩年まで

西伯耆も支配化にした尼子経久でしたが、1525年に傘下であった毛利氏が尼子氏との関係を解消して大内氏につき、また尼子氏側についていた安芸武田氏らが大内氏に敗れたことにより形勢が逆転されてしまいます。周りを敵に囲まれ窮地に陥った尼子経久は1527年に自ら備後国へと攻め入りますが、細沢山の戦いで大内氏の陶興房に敗北を喫し、多くの国人が大内氏側に寝返ってしまいました。

1530年以降は尼子経久の三男でもある塩治興久の離反や国人衆の反乱が相次ぎましたが、嫡孫である尼子晴久の活躍もあって反乱を制圧し、その後は美作国、備前国など東国へ侵攻し尼子家の領土拡大を広げていきました。

1537年には尼子家の家督を孫の尼子晴久に譲りますが、跡を継いだ尼子晴久は大内氏の石見銀山を奪い、また尼子経久らの反対を押し切って毛利元就の吉田郡山城を攻めました。吉田郡山城の戦いは大内氏・毛利氏との連合軍と戦う形となり、尼子晴久は大敗北を喫しました。そんな吉田郡山城の戦いが終戦を迎えた1541年、尼子経久は敗北を見届けたかのように84歳でその生涯を閉じました。

尼子経久の人柄・人物像

尼子経久の人柄や人物像について解説していきます。

下剋上の先駆けとなった「中国の三大謀将」の一人

尼子家は尼子経久の孫・晴久の代に八ヶ国守護と呼ばれて最も栄えますが、尼子経久が家督を継いだ時分の尼子氏は守護大名の京極氏の下につく守護代に過ぎませんでした。尼子経久は守護代の役目も一時は解除されてしまいますが、その後自らの力で守護代を討ち返し、幕府や守護大名への下剋上を行った人物として北条早雲と並ぶ下剋上の典型と評されています。

また、そのような形で謀略にも長けていた武将であったことから、その後中国地方で名を馳せた毛利元就、宇喜多直家と並び「中国の三大謀将」と称されています。

礼儀を重んじる無欲な倹約家

尼子経久は一度は守護代を追われて苦労した時代があった為、身分が下の人の気持ちもよく知っていたと言われています。その為どんな人に対しても礼儀を重んじることを自分の誇りとしていました。また倹約家の一面もあり、守護代に返り咲いてからも欲には無縁の生活を送ってケチと言われるほど倹約を心がけました。

文武にも長け、和歌を詠んだりと多方面で様々な才能を持った人物でもあり、晩年には自分の自画像を描いていたと伝わっています。戦場では鬼神や雲州の狼などと呼ばれ恐れられた程の人物でしたが、実際は心優しい人柄で、「物欲は大欲に似たり」という言葉の通り、無欲で真っ直ぐな性格の持ち主でした。

尼子経久の名言・エピソード

尼子経久の名言・エピソードについて解説していきます。

家臣への気づかい

尼子経久は家臣にも非常に気を使い優しく接する人物だったようで、そのエピソードが戦国時代後期に書かれた「塵塚物語」に記されています。

尼子経久は家臣が彼の持ち物を褒め称えると大変喜び、どんな高価で貴重なものであっても、すぐにその者に与えてしまうという気の使いようで、恐縮してしまった家臣が気を使ってその後は尼子経久の持ち物を褒めないようにしたと言います。また冬には自分の着ている着物を脱いでは家臣たちに与えていた為、自らは薄い布の小袖一枚姿で過ごしていたと伝わるなど、尼子経久の心温かい人柄が滲み出たエピソードが残されています。

決死のクーデター

守護代を追われた後の尼子経久は諸国を放浪したり、修行僧と混じって暮らしていたと言われています。無念に打ちひしがれた尼子経久の心にあった願いは一つ「何とかして自らの月山富田城を取り返したい」という強い気持ちでした。

そして、この想いをどうにかして果たしたいと思った尼子経久は、散り散りになってしまっていた家臣の中から唯一出雲に残っていた山中一族を訪ねます。変わり果てた姿で一矢報いたいとする尼子経久の姿に心を打たれた山中一族は戦いに参加することを決め、尼子経久は僅かばかりの人数を率いて奇襲を仕掛けることで見事月山富田城の奪取に成功しました。尼子経久が謀略家と言われる由縁となった逸話でもあります。

フィクションにおける尼子経久

フィクションにおける尼子経久について解説していきます。

信長の野望における尼子経久

信長の野望における尼子経久のステータスはシリーズによって能力値が異なりますが、統率93,武勇77,知略99,政治83と戦国大名としての尼子家を築いた重要人物として全武将中でもハイクラスの能力値を誇っています。

ドラマにおける尼子経久

尼子経久が登場するドラマとして有名な物は1997年に毛利元就を題材としたNHK大河ドラマ「毛利元就」があります。このドラマでは俳優の緒形拳さんが尼子経久役を演じられていて、主人公の元就が最も恐れ、尊敬した男として威厳ある尼子経久像を観ることができます。

尼子経久は尼子家を戦国切っての大名に持ち上げた名将

尼子経久はその野心と謀略を武器として、尼子家を一守護代から中国地方の大大名へと押し上げ礎を築き上げました。

戦場では鬼とも呼ばれ恐れられましたが、その素顔は家臣想いでまた礼儀などを重んじる人としての魅力を備えた人物でした。その活躍は後世に渡るまで名将として評価されています。