明智光秀は本能寺の変を起こした稀代の謀叛人!その後は天海僧正として生き残る?

明智光秀は斎藤道三や織田信長に仕えてその武勇と知性をもって活躍し、後に本能寺の変を起こした戦国史上最大の裏切り者として有名な武将です。

この記事では明智光秀の生涯を年表付きで分かりやすく解説します。明智光秀がどのような人物であったか、どのような名言を残しているのか、ゲームやドラマにおける明智光秀など、様々な視点から解説してきます。

明智光秀の基本情報

明智光秀(あけちみつひで)は美濃国出身で戦国時代から安土桃山時代を生きた武将です。

斎藤道三に仕えた後、長良川の戦いで美濃国を追われた後は、朝倉義景、足利義昭、そして織田信長と主君を変えていきました。

明智光秀の人生

できごと

謎に包まれた青年期

明智光秀の前半生については、史料がほとんど存在せず、その生年もはっきりしていません。1516年生まれ、1528年生まれ、1540年生まれの3つの説が存在しますが真偽は明らかでなく、一応1528年説が有力ということになっています。

生誕地もはっきりとしませんが、美濃国の明智荘と呼ばれた、現在の岐阜県可児氏広見・瀬田あたりであったと考えられています。

明智家は美濃国守護であった土岐頼貞の九男・長山頼基の子である明智頼重を祖先とし、室町幕府の奉公衆を務めてきた一族でした。明智光秀の祖父・明智光継は明智城主として美濃国東部を治めていましたが、斎藤道三がこの地で台頭してくるとこれに臣従し、明智光秀の父・明智光綱や叔父・明智光安の代においても斎藤道三との臣従関係が続きました。

青年期の明智光秀も、父や叔父と共に斎藤道三に仕え、1556年に長良川の戦いで斎藤道三が家督を譲った嫡男・斎藤義龍に討たれるまで美濃国で過ごしていました。この戦いで明智一族は不利であった斎藤道三軍に加わって敗北したため、代々の居城であった明智城を攻められた上に一家は離散します。

明智光秀は隣国・越前国を治めていた朝倉義景を頼って落ち延び、以降彼の元で10年を過ごしたと言われています。『明智軍記』によると、ここで500貫の知行を与えられて、鉄砲寄子100人を配下に置いたとされていますが、これは後世創作された可能性が高く、そこまでの高待遇は受けていなかったと考えられます。

『遊行三十一祖京畿御修行記』には、越前国の称念寺の門前に10年住んでいたという記載や、医学書『針薬方』では医者として生計を立てていたと思わせる記載も残っていますが、越前国での10年間をいかに過ごしたかは、現在でもはっきりとわかっていません。

足利義昭に仕える

1565年の永禄の変の後、暗殺された将軍・足利義輝の弟の足利義昭は娘婿であった武田義統の元へ逃れますが、その地から各地の武将に上洛と自身の将軍擁立を要請します。この要請の使者を務めたのは細川藤孝であり、彼の仲介により桶狭間の戦いを制して勢力を強めていた織田信長がこの要請を了承しました。

しかし、足利義昭が織田家と斎藤家の間に結ばせていた和睦を破って美濃国に侵攻、斎藤家当主・斎藤龍興を敗走させると、面目を潰された足利義昭はこれに激怒し、織田信長との連携を思いとどまります。足利義昭が次に頼ったのが朝倉義景であり、ここで明智光秀との接触を持ちます。

朝倉義景による上洛を期待していた足利義昭でしたが、朝倉家に一人息子の死去などの不幸が続いたこともあって上洛の為の挙兵が期待できなくなると、足軽衆として仕えていた明智光秀は「勢いのある織田信長に頼るべきだ」と進言します。これを受けた足利義昭は明智光秀を使者に立てて改めて織田信長に上洛を要請しました。

こうして1568年、織田信長が足利義昭を奉じて上洛を果たしますが、翌1569年には三好三人衆により本圀寺を仮御所とした足利義昭が襲撃されます。鉄砲の名手であった明智光秀はここで敵を討つ活躍をし、織田信長の目に止まり、明智光秀は足利義昭と織田信長の両属となりました。

やがて織田信長が「殿中御掟」を出して足利義昭の行動を制限するなど、両者の関係が悪化すると、足利義昭は朝倉義景との関係を強化していきます。朝倉義景は織田信長の上洛命令にも従わず、ついに1570年、朝倉攻めが開始します。明智光秀は織田軍に参陣し、かつての主君に刃を向けることとなりました。

織田信長の元で出世を果たす

朝倉軍との間に金ヶ崎の戦いが勃発すると、妹婿であり織田家と同盟を結んでいた浅井長政が裏切ったことで挟み撃ちに合い、敗走を余儀なくされます。織田信長にとって九死に一生の苦難であったこの「金ヶ崎の退き口」で、明智光秀は羽柴秀吉と共に殿を務めて見事に京都への帰還を果たしました。

その後に続く対朝倉・浅井軍との戦いであり志賀の陣や姉川の戦いでも武功をあげた明智光秀は、その褒賞として宇佐山城を与えられました。織田信長の次の標的は朝倉・浅井軍を匿った比叡山に定められ、明智光秀は比叡山焼き討ちの中心実行部隊に任じられます。

この焼き討ちを成功させた明智光秀は近江国滋賀郡約5万石を与えられ、坂本城の築城を開始しました。

この頃、明智光秀は足利義昭に対して「先の見込みがない」と暇願いを出し不許可となっていますが、1573年に足利義昭が織田信長に対して挙兵すると、明智光秀は織田軍に加わりここで足利義昭との関係を断ち切っています。

その後は織田信長の直臣として天王寺の戦い、長篠の戦い、雑賀攻め、信貴山の戦いと連戦して武功を挙げていきます。

丹後国平定戦

1575年には織田信長より丹後国平定を命じられ、宿敵・赤井直正との戦いが始まります。

この年に勃発した第一次黒井城の戦いでは波多野秀治の裏切りもあって敗北を喫し、上記した天王寺の戦いや、神吉城の戦い・有岡城の戦いと休む暇なく各地を連戦したために丹波国攻略に集中できず、次に本格的に黒井城を攻撃したのは1579年となりました。(第二次黒井城の戦い)

第一次黒井城の戦いでの失敗を踏まえ、一挙に黒井城を攻めるのではなく周りの城から攻撃して行く戦略をとった明智光秀は、亀山城・栗栖野城・八上城と次々に陥落させていきます。そして、指導者であった赤井直正が黒井城攻撃の直前に死去していたこともあって、ついに黒井城を落城させ、5年の月日を経てここに丹波国平定が成し遂げられました。

この功績により丹波国一国約29万石を加増され、南山城を与えられ、亀山城・周山城の築城を許されるなど、大いに賞賛を受けました。

本能寺の変と山崎の戦い

1582年5月、明智光秀は「在荘(軍務からはずすこと)」を命じられた上、安土城に赴いた徳川家康の饗応係に任じられます。『信長公記』には、「御振舞の事、維任日向守(=明智光秀)に仰付けられ、京都・堺にて珍物を調へ」とあり、明智光秀が京都や堺で食材を取り寄せるなど様々に働いていたことがわかります。

しかし、『川角太閤記』によると、「夏故、用意の生魚、ことのほかさかり申し候故、(中略)悪しき匂ひ吹き来たり候。そのかほり御聞き付けなされ、以の外御腹立にて、料理の間へ直に御成され候。」と、家康に悪臭放つ腐った料理を出して、織田信長の怒りを買い、饗応係を解任されてしまいます。

同じ頃、明智光秀は稲葉一鉄との間に家臣の引き抜きを巡ってトラブルを起こし、織田信長が明智光秀の重臣・斎藤利三を稲葉一鉄の元に返すよう命じると、「良い部下を持つのは私のためではなく上様のためなのです」と反論し、この言葉を明智光秀の屁理屈であると激怒した織田信長によって激しく折檻される事件も起こります。

このような事件によって織田信長への鬱憤を蓄積させた明智光秀は、羽柴秀吉の毛利征伐の援軍のために西国へ向かっていた途中、桂川付近に来たところで進行方向を変え、6月2日早朝(6月21日)、本能寺に赴いていた織田信長を包囲します。

この時織田信長はわずか100人ほどの従者しか連れておらず、しばらく抗戦したもののついに自害してしまいます。しかし、織田信長の遺体は見つからず、狼狽して暫くその遺体を探しますが、結局不明のまま二条御新造の攻撃に向かいます、

ここで織田信長の長男・織田信忠を討って京都を押さえ、続いて安土城に侵攻します。しかし、中国にいた羽柴秀吉が本能寺の変を聞きつけて、急遽交戦中であった毛利氏と和睦して京都へと進軍し、6月13日に山崎の戦いが開戦します。

羽柴軍が約2万7千であったのに対し明智軍は約1万7千程であり、さらに寄せ集めで強制的に徴兵された者も多く、士気が高いとは言えませんでした。

明智軍に参加すると期待されていた旧友・細川幽斎(細川藤孝)や筒井順慶などの諸将の協力を取り付けられなかった明智光秀でしたが、両軍共に前線部隊を激しく消耗する激戦を繰り広げます。

しかし、明智軍はやがて700余まで減衰し、ついに坂本城への敗走を決定します。その途中の小栗栖の藪(現在、明智藪と呼ばれる)で土民の落ち武者狩に遭い、そこで竹槍に刺されて絶命しました。明智光秀の首は翌日には羽柴秀吉の元に届けられ、京都の本能寺、続いて粟田口で晒されました。

なお、坂本城に残された明智光秀の妻子は、従兄弟の明智秀満により、辱めを受けることがないよう殺されています。

明智光秀の人柄・人物像

明智光秀の人柄や人物像について説明します。

織田信長による評価

織田信長によって高く評価され、常に戦いの前線を任され、織田家臣団の中で初めて居城(坂本城)の築城を許されたのも明智光秀でありました。特に明智光秀の丹後国平定については、「丹波の国での光秀の働きは天下の面目を施した」と絶賛しています。

織田信長は明智光秀の武勇だけでなく、元足利将軍家にも仕えて培った彼の洗練された知性も大いに評価していました。

1581年に安土城下にて織田信長が行なった新年の火祭り行事(左義長)では、「爆竹を打ち鳴らしながら騎馬行進を行い、思い思いの出で立ちで参加するように」とお触れが出されますが、明智光秀はこの爆竹と道具の準備を担当し、それに続く大規模なパレード・京都馬揃えではその運営責任者を務めました。

明智光秀はパレードの3番という非常に高位置に配されており、家臣団の中でも非常に深く信頼されていたことがわかります。

明智光秀も織田信長に対して「瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召し出し、その上莫大な人数も預けられた。一族家臣は子孫に到るまで信長様へのご奉公を忘れてはならない」と書き残しており、織田信長に対して深い尊敬の念をもっていたことが伺えます。

本能寺の変に際して織田信長がこの謀反は誰の仕業かと問いかけ、森蘭丸が「明智が者と見え申し候」と答えたところ、織田信長は一言「是非に及ばず」と言ったとされます。これは、明智光秀の性格や能力を考えると脱出は不可能であろうと悟ったことから発せられた言葉であると考えられています。

ルイス・フロイスによる評価

織田信長に仕えた宣教師ルイス・フロイスは、著書『日本史』の中で、以下のように明智光秀を評価しています。

「その才知、深慮、狡猾さにより信長の寵愛を受けた」

「己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった。友人たちには、人を欺くために72の方法を体得し、学習したと吹聴していた」

「自らが受けている寵愛を保持し増大するための不思議な器用さを身に備えていた」

このように、明智光秀に優れた才能があることを認める反面、ずる賢く、一筋縄ではいかない狡猾な人物であると酷評しています。

文化人としての一面

当時戦火を逃れた京都の文化人が多く住んで繁栄した越前国一乗谷で10年余を過ごし、将軍家に奉公した明智光秀は、諸学に通じ和歌や茶道でも優れた才能を発揮した文化人でもありました。

連歌会に出席した記録も残っており、1574年には自ら連歌会を主催し、以降主催した連歌会は9回に及んでいます。

茶道においては津田宗及に師事しており、12回茶会も催しています。

優れた知性・生真面目な性格

明智光秀は仏教勢力と親しく信心深い人物であったと言われています。

丹後国平定を成し遂げた直後、明智光秀は事前に戦勝祈願に訪れていた京都の威徳院へ書状を送っています。そこには「勝利することができたので、約束通り200石を奉納する」「高見城(敵将・赤井忠家の居城)がまもなく陥落しそうなので、一両日中には和田方面に進軍します」と書かれていました。

神仏を重んじ細かく戦況を報告する、明智光秀の信心深さと生真面目さが現れている書状となっており、その性格が伺えます。

比叡山焼き討ちではその中心を担いますが、経典や高僧を織田信長に無断で助けたと伝えられており、坂本城主になってからはその領内にあった比叡山を手厚く保護しています。

その優れた知性は領土支配にも生かされており、優れた内政手腕を発揮して善政をしき、領民達からは大変愛された領主でした。

亀岡市や福知山市は明智光秀により城が築城され整備された城下町であり、今でも亀岡市では「亀岡光秀まつり」が行われ、福知山市の御霊神社では明智光秀が祭神に列せられ、「光秀公正辰祭」が行われ「福知山音頭」でもその善政が歌われるなど、その人徳が偲ばれています。

明智光秀の名言・エピソード

明智光秀の名言やエピソードについてに解説します。

愛宕百韻

明智光秀は、本能寺の変の直前、愛宕山で「愛宕百韻」と呼ばれる連歌を作成しています。

明智光秀の発句「ときは今 雨が下しる五月かな」で始まり、脇は「水上まさる 庭の夏山」、第三が「花落つる 池の流を せきとめて」と続きます。この発句は、「とき」=明智の姓の土岐、「雨が下しる」=天が下しると掛け、織田信長を誅殺するという宿願を祈願したものであるとも考えられています。

第三を読んだ里村紹巴は、この歌のために本能寺の変後に責問を受けることになりました。

この連歌会の前に明智光秀はおみくじを3回引いたというエピソードも残っています。

愛宕神社で一晩こもって祈願をした翌日、愛宕権現太郎坊の前で1回目のくじを引き、続いて2回、3回と連続してくじを引いたものの、それは全て凶であったと言われています。

この数回にわたるくじ引きは、織田信長誅殺を決意したものの、その心中は決して穏やかではなく、不安や迷い、恐れがあったことから、神に背中を押して欲しかったからだと言われています。

明智光秀=天海僧正説

天海は天台宗の僧侶であり、徳川家康の側近を務めて深く信頼され、江戸幕府初期の政治に深く関与したことで知られた人物です。

天海の前生はほとんどが不明であり、実は山崎の戦いの後もなんとか生き長らえた明智光秀が、豊臣氏への怨念を晴らすために僧侶に身を変え、德川家に接近してその目的を果たしたという明智光秀=天海僧正説というものが存在します。

徳川家光の乳母には明智光秀の重臣・斎藤利三の子である春日局が抜擢され、謀反人の子として異例の大出世を果たしていることや、天海の墓が坂本城の近くにあること、日光の明智平は天海がその名をつけたと言われていることなどが、この説の根拠として唱えられています。

他にも、比叡山には「慶長二十年二月十七日 奉寄進願主光秀」と刻まれた石灯篭が存在し、慶長20年の大阪夏の陣の前に豊臣家への勝利を願って密かに生きていた明智光秀が奉納したものとも考えられます。

天海は100歳を超える長寿を全うしたとも言われていますが、明智光秀=天海僧正説を史実として捉えることは難しいと考える研究がほとんどです。しかし、フィクションにおいてはこの説が多く採用されており、「かごめかごめ」の遊び歌は、明智光秀と天海の関係を暗示しているという説も存在します。

フィクションにおける明智光秀

フィクションにおける明智光秀を解説します。

信長の野望における明智光秀

シリーズによっても異なりますが、明智光秀のステータスは統率95、武勇85、知略94、内政92、外政93といずれの項目でも高数値を誇っています。この高数値は豊臣秀吉と並び、まさにゲームにおける織田信長の宿敵として相応しいステータスとなっています。

ドラマにおける明智光秀

これまで織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が登場する大河ドラマや小説の多くで、本能寺の変で織田信長を討ち時代の転換点をつくった人物として、明智光秀が登場しています。そこではルイス・フロイスが優秀ながら狡猾であったと評したように、捻くれ者であったり、気難しく生真面目すぎる人物として描かれることも多くなっていました。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では主人公となり、俳優の長谷川博己さんが演じています。これまでの明智光秀像とは一戦を隠し、謎に包まれた青年期や、朝倉義景の元で過ごした10年間、各地での歴戦の様子にもスポットが当てれらました。

謀反人のイメージに隠れがちだが、明智光秀は連戦を制した武勇智を備えた武将だった

明智光秀といえば本能寺の変であり、その後の山崎の戦いで豊臣秀吉に討たれた「三日天下」の謀反人というイメージが、多くの人が彼に抱くイメージとして大半でありました。

しかし、明智光秀は金ヶ崎の戦い以降、織田信長の天下統一のための大きな戦のほとんどに従軍して武功を挙げ続け、特に丹後国を平定したことは明智光秀にとって最大の功績でありました。

これらの優れた武勇だけでなく、文化人・知識人でもあった明智光秀は織田信長に大いに信頼され、その配下となってからは豊臣秀吉にも匹敵、もしくは上回る程の大出世を果たしています。

本能寺の変の動機については、徳川家康の饗応係を解任されたことや激しい折檻をうけたことなどから怨恨を募らせた説、長曾我部元親黒幕説、徳川家康黒幕説、朝廷黒幕説など多様に存在しますが、現在でもはっきりとわかっていません。

しかし、1582年に本能寺の変を起こす前までは、織田信長の命令に忠実に従って各地を転戦、信心深かったにも関わらず比叡山焼き討ちの中心も務めるなど、忠義心をもって尽くしており、織田信長にとっていかに明智光秀が大きな存在であったかが分かります。

明智光秀の活躍なしでは、織田信長の天下統一への道も拓けなかったと言えるでしょう。

内政においては非常に優れた領主であり人民に慕われ、その人徳を偲んだ人々の想いが、福知山市の御霊神社の創建などに結びつき、ないしは明智光秀=天海僧正として生き残った説を生み出したのかもしれません。明智光秀の血筋は娘で細川忠興の妻となった細川ガラシャによって引き継がれ、現在も続いています。